たんぱく質チャージは「朝」がおすすめ!その理由は?管理栄養士が解説

Adobe Stock

たんぱく質チャージは「朝」がおすすめ!その理由は?管理栄養士が解説

松田 真紀
松田 真紀
2020-10-18

「朝たんぱく質」の5つのコツ

(1)発酵食品を使う

体がまだ起きていない朝は、腸の働きを促し、消化吸収の優れた発酵食品がおすすめ。乳たんぱく質の牛乳や大豆たんぱく質の豆乳を発酵させたヨーグルト。大豆の発酵食、味噌をつかった味噌汁など。酢や酒かすをたんぱく質にプラスするのも有効です。

(2)デトックスに働く野菜や果物をプラス

午前10時前後は1日で最も老廃物を体外へするデトックスタイムでもあります。デトックスで腸内を掃除することはたんぱく質の効果的な吸収合成にとっても重要。デトックスを促す食物繊維、抗酸化物質のポリフェノール、ビタミンACEやカリウム、ミネラルを含む野菜や果物もプラスして。野菜や果物に含まれるビタミンC、糖質はタンパク質合成を促進する働きもあります。

(3)アイスよりホット

長時間絶食状態の胃腸はスロースタートが重要。人肌程度の36度は負担なく消化吸収が高まるといわれています。レンジで軽くあたためたホットヨーグルト、豆乳やミルクをつかった野菜ポタージュや味噌汁などを利用して。体温を1度あげると代謝は1割以上アップします。ダイエット中はホットがおすすめ。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

たんぱく質チャージは「朝」がおすすめ!その理由は?管理栄養士が解説
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する