「仕事に行きたくない…」のストレスとどう付き合うか|臨床心理士に聞く対処法とは

Adobe Stock

「仕事に行きたくない…」のストレスとどう付き合うか|臨床心理士に聞く対処法とは

南 舞
南 舞
2020-07-06

梅雨によるジメジメや足元の悪さ、さらに今年はコロナによる長い自粛などもあったので、「仕事に行くのが億劫だな」「仕事のことを考えると憂鬱になってしまう」例年以上にそんな風に思う方が多いのでは?仕事に行くことへの抵抗が起きるメカニズムを知り、そのストレスとどう付き合っていくか臨床心理士がアドバイス!

仕事に行くことに抵抗感…なぜ?

仕事に行くことに対してストレスを感じる」そんな相談は多いものですが、その原因やメカニズムが何か考えたことがありますか?米国立労働安全衛生研究所が示した【NIOSHの職業性ストレスモデル】では、ストレスが起こるプロセスが以下のように説明されています。

仕事のストレス要因 (仕事の負荷量や質、身体的負担、対人関係、やりがいなど)

急性ストレス反応(睡眠不足、やる気の低下など)

疾病(うつ状態、燃え尽き症候群など)

さらにNIOSHの職業性ストレスモデルによると、仕事のストレス要因から急性ストレス反応を引き起こす過程の中で、以下の3つの要因がどう重なり影響するかによって、ストレスの度合いが決まると考えられています。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する