仕事・人間関係・情報過多etc.ストレスによる胃ダメージをケアする方法

Photo by Jannes Jacobs on Unsplash

仕事・人間関係・情報過多etc.ストレスによる胃ダメージをケアする方法

仕事や人間関係などに加え、最近では情報過多によるストレスを抱えてしまっている人も多いのではないでしょうか。ストレスによる体の不調はさまざまですが、その中でも胃腸について、心の関係、そして働きを良くするために日頃気をつけたいことをみていきましょう。

心と胃腸の関係って?

胃腸は心身がゆったりとリラックスしている時に活発になる副交感神経によって活動します。ヨガのシャヴァーサナの時やマッサージを受けている時に、それほど空腹でもないのにお腹が鳴ったことはありませんか?これは副交感神経の働きが優位になり、胃腸の働きが活発になるからです。

その反対に、ストレスがたまる(=交感神経が優位になる)と内蔵の機能にも影響をもたらし、消化不良、便秘、下痢、腹痛の原因になることもあります。こういった体の不調が新たなストレスの原因になるという悪循環に陥る可能性も。食べ過ぎて胃腸の調子が悪くなるのも、食べ過ぎの原因はストレスだったということもよくあるのではないでしょうか。

belly
Photo by Frank Flores on Unsplash

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

twist
sphinx
sleep
belly
shavasana
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する