「誰もが羨む結婚相手」の落とし穴とは|川村真木子×胎盤JD対談#モヤるのがおかしい?

NATSUKI MINAMI

「誰もが羨む結婚相手」の落とし穴とは|川村真木子×胎盤JD対談#モヤるのがおかしい?

「女性らしく」という言葉が持つネガティブなインパクト。どこからともなく聞こえてくる「〜しなければならない」「〜でなければおかしい」という声。その瞬間は何か引っかかるのに、忙しさで受け流しているうちに麻痺してしまい、気づけば生きづらさを感じていませんか?社会派インスタグラムが人気のコラムニスト/バリキャリ金融女子の川村真木子さんと、現役女子大生で恋愛コラムが人気の胎盤JDさんによるスペシャル対談では、「モヤるのがおかしい?」をテーマに、普段流してしまいまがちな違和感や呪縛について話し合ってもらいました。

「結婚して一人前」「結婚したら幸せになれる」だから「誰もが羨む結婚をしたい」という価値観。高学歴で高収入のハイスペック男子をゲットして、できれば男性に養ってもらいたいと思っている女性も未だ多いようです。そんな女性たちに、「肩書きや学歴だけで選ぶと絶対に後悔する!」と警鐘を鳴らすのは、SNS界で大人気の現役女子大生コラムニスト・胎盤JDさんとバリキャリ女子でコラムニストの川村真木子さん。大いに盛り上がった対談の結末とは?

高学歴、一流企業etc.ハイスペック男子が求める結婚相手

――川村さんはアメリカの公立最難関、UCバークレーを卒業して、外資系金融業界でご活躍されています。まわりには高収入のハイスペック男子が多いと思いますが、そういった人たちが結婚相手に求めるものというのは?

川村真木子さん(以下川村):私が以前勤めていた外資系投資銀行の日本支社に関して言うと、彼らの結婚相手は明らかに自分よりも稼ぎもスペックもずっと低い人っていうのが当たり前に見えました。ニューヨークオフィスの場合は、女性の方もコンサルだったり、弁護士だったり、お互い刺激しあえる相手とか同じようなスペックの人と結婚している人が多いんですね。それで必ずしも美人っていうわけでもないので、もっと人間的なところを見ているような感じがしたんです。対等なパートナーシップではない、あえて「自分と同じ土俵ではない相手」で「普段の激務を忘れて癒される相手」を選んでいる感じがあり、日本社会の闇を感じましたね。

――日本人の男性がこじらせている?

川村:めちゃめちゃこじらせているように感じます。私がカリフォルニアの大学に留学していたときも日本人の男子留学生がたくさんいましたけど、彼らも無意識だとは思うのですが、幼い頃から男女差別と区別の比較的激しい日本社会で「男子たるもの強くあるべき」「もともと弱い存在である女性を守るべき」「男らしく」「弱音を吐くな」「女性を養ってナンボ」と言われ続けて育つと、誰でもそれなりにこじらせてしまうと思うのです。

胎盤JD:東大男子の話をしたときもいいましたけど、彼女や奥さんとして彼らが選ぶのは賢すぎない、自分よりもちょっと下のレベルの女性なんですよね。結婚相手に求めるものは、話し合えるパートナーというよりは風俗嬢兼家政婦を求めているみたいな。

川村:たしかに(笑)。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

Text by Mayumi Hasegawa

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する