運動=ダイエット、だけじゃない!プラスサイズモデル吉野なおの考える#ボディポジティブな生き方

Nao Yoshino

運動=ダイエット、だけじゃない!プラスサイズモデル吉野なおの考える#ボディポジティブな生き方

吉野なお
吉野なお
2020-03-27

あなたは、今の自分が好きですか?「もう少し痩せたら好きになれる」「もう少し胸が大きかったら...」そんなふうに、今の自分ではない"理想の自分"ばかり追い求めて、理想と違う"現実の自分"を傷つけていませんか? 「ボディポジティブ」とは、ありのままの自分の体型や外見を受け入れようというもの。欧米を中心に世界的な盛り上がりを見せています。ヨガジャーナル オンラインでは、プラスサイズモデルの吉野なおさんによる「ボディポジティブ」をテーマにしたコラム連載がスタート!「痩せていた頃の自分より、今の自分が好き!」そんな吉野さんが考える「ボディポジティブな生き方」とは。

ヨガジャーナルオンラインをご覧の皆さん!初めまして。吉野なおです。

私は【Nao】というモデル名義で、2013年からプラスサイズモデルとして雑誌や広告などで活動をしています。プラスサイズモデルとは、簡単に言うと、ぽっちゃりした体型のモデルのこと。

今ではこうして自分のふくよかな体型を生かして仕事をしていますが、もともとはそんな自分の体型がコンプレックスで、思春期に始めた極端なダイエットから摂食障害を経験しました。

食事を制限しすぎたり、過食をしたり、30キロの体重増減を経験し、精神的も肉体的にもボロボロで、ずっと自分の体に対して嫌悪感を抱く日々。痩せても「もっともっと痩せたい」と考えていたり、太ると「痩せていない自分はダメな自分だ」とずっと思い込んでいたのです。

吉野なおとぽっちゃりヨガ
ぽっちゃりヨギのオブジェと一緒に

ですが、あることを機に、8年ほど悩んだ摂食障害から回復。

自分でも治ると思っていなかった摂食障害。かつての私のように、体型に対して悩む人のために何かやりたいと思うようになった時を同じくして、2013年、日本初のぽっちゃり女性向けファッション誌『la farfa(ラ・ファーファ)』(発行:文友社)が発刊されることになりました。

発刊にあたり、ぽっちゃり体型のモデルを募集していたことを知り、「面白そうだし、私がやりたい事にぴったりかも!応募してみよう!」と思った矢先、そんなバックグラウンドを知らない編集部の方に偶然出会いスカウトしていただいたことで、モデルとしてのキャリアが始まりました。

そんな私が今なぜここでコラムを連載させていただくことになったのかというと、なんとなく日本に広まっている【ヨガ=痩せてる人たちがやっている】というイメージを払拭し、ヨガを始めとした運動が「カロリー消費」や「ダイエット」のためだけにあるわけでないということ、そして何より心と体(ヨガ的には魂もですね)のバランスをとりながら生きて行くことの大切さを伝えていきたいと思ったから。

正直なところ、私はヨガを教えられるような立場では無いので、ヨガのポーズや知識などは他の先生が書いたコラムページなどを読んでいただけると嬉しいです(笑)

そして私のコラムが、自分のからだに対して違和感や嫌悪感を抱いて悩んでいる人に届くことを願って綴っていきたいと思います。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

吉野なおとぽっちゃりヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する