「いつも相手に合わせてばかり」と悩む人へ。上手な自己主張の方法とは

PIXTA

「いつも相手に合わせてばかり」と悩む人へ。上手な自己主張の方法とは

yasushi
yasushi
2018-01-21

会議や打ち合わせで、いつも自分の意見を言えないという人は意外と多い。上手に自己主張するとはどういうことなのだろう? ニューヨーク在住のヨガ講師・yasushi先生に、質問をぶつけてみた。

自身を敬う心が自信をもった主張につながる

グループとしてのハーモニーを優先するのか、自尊心を重んじるのか…でしょうか。クッションのように人の意見を受け止めて行動することでも人としての「成長」は叶うでしょう。しかし、自分の意見を表現することなく生きることは自身を敬っていないとも言えます。

「いつも相手に合わせてばかり」と悩む人へ。上手な自己主張の方法とは
(Photo by PIXTA)

どんなグループであれ、信頼を基盤としてのコミュニケーションがあるのが望ましいですね。自分の行動に責任を持ち、行動に変えられるのなら自信を伴った主張が可能でしょう。怖がる必要はありません。グループに従うことで成長できるか、自身を陽の当たる場所に置くことで成長するかを判断基準にしながらひとつひとつの場面を生きてみてはいかがでしょうか?

これでいいのだ!

yoga Journal日本版Vol.49掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

「いつも相手に合わせてばかり」と悩む人へ。上手な自己主張の方法とは
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する