どうすれば「自分らしく」生きられるの?【ヤスシのヨガ的お悩み相談室】

Getty Images

どうすれば「自分らしく」生きられるの?【ヤスシのヨガ的お悩み相談室】

30年以上ニューヨークに暮らした経験からグローバルな見識を持ち、スタジオ・ヨギ―でエグゼクティブディレクターとして活躍する人気講師ヤスシ先生が、ヨガジャーナル編集部に寄せられた読者のヨガ的お悩みにアドバイスします。今回は「自分らしく生きる」ということについて。

Q:周囲の意見に流されやすく、自分を見失いがちに。「自分らしく生きる」という言葉に憧れますが、どうすればいいのかわかりません……。

A:自分で決め、自分で選ぶこと。そうすれば、後悔することはありません

具体的にお答えするにはとても難しいお悩みですが、挑戦してみます。僕は人生のうえで迷うことがあっても、自分を見失うことはなかったと感じています。すべての決断が正しかったかどうかはわかりませんし、大きく揺らいだこともあります。人から見れば遠回りもしたでしょう。

僕自身が自分を見失うという自覚がなかったのは、さまざまなことを自分で決めてきたからだと思います。重大な決断こそ他者(身近な家族にさえも)の意見を聞きませんでした。それは自分の立場や目線を理解できるのは最終的には自分のみであると信じていることと、自分の声しか聴くべきではないと本能的に知っているのだと思います。自分で決めれば、失敗はあっても後悔することはありません。

その結果「自分で決めたか」「自分で選んだか」を日々確認しながら生きています。特に苦しいと感じるときは、この質問に返ります。モチベーションを思い出すためです。

日本でヨガを教えているという今の状況は、僕のプランにはありませんでした。とは言え、これは人生というものが持ってきたものに対し、自分で選択を繰り返した結果です。他者に決められた感覚は全くありません。

自分で考え、自分で選択する習慣を身に付けましょう。あなたの人生は人任せにするほど軽々しくはないですよ。自分の人生に愛情と責任を持ちましょう。

教えてくれたのは...ヤスシ先生
スタジオ・ヨギーのエグゼクティブ・ディレクター。30年以上暮らしたニューヨークを離れ、2017年帰国。日本各地で後進の育成に努める。

text by Yasushi
yoga Journal日本版Vol.59掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する