獅子座 1/11~1/24の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

Nanayo Suzuki

獅子座 1/11~1/24の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

吉野まゆ
吉野まゆ
2020-01-11

インド占星術とヨガの共通項「月」をキーワードに、新月と満月にあわせて占いを更新予定。ヨガジャーナル日本版で大人気の公式キャラクターニャンティが、12星座に扮して皆さんの運勢をお届けします♡

獅子座 8/17 – 9/16

インド占星術では、多くの人が、一般的に知られている西洋占星術の太陽星座から一つ手前の星座にずれます。星座の横に記載している日付を誕生日と照らし合わせて確認しましょう。

獅子座/Illustration by Nanayo Suzuki
獅子座/Illustration by Nanayo Suzuki

全体運

1月11日は双子座で満月、ラーフ-ケートゥ軸に重なるため月食、半影月食となります。ナクシャトラ(※1)はプナルヴァス(※2)、母なる女神アディティが支配し、シンボルは弓矢を入れる筒、反復、回復、再生、繁栄などに関わるナクシャトラ。善良で、純朴、真理を自然と体現しており、矢のようにまっすぐで正直な気性を持つたいへん吉祥なナクシャトラの一つ。今回の満月は半影月食であり、12月26日の日食から続く大きな変化、転換期となりそうな2020年最初の満月です。

11日の満月の頃は、趣味や学びの仲間との関係が深まりそう。新たなテーマが浮上してきていっそう結束が強まるような出来事に遭遇するかも。これまで趣味の範疇だったことが仕事へと変わるきっかけにもなりそうです、あなたの立場や立ち位置を再確認して今のあなたが出来ることに真摯に取り組んでいくといいでしょう。

13日水星は山羊座へ、続いて15日太陽が山羊座へ、サラリーマンのあなたにとっては仕事への取り組む姿勢が問われる時であり、今まで以上に真面目に業務をこなしていかないといけなくなりそう。24日には土星が山羊座へ、働き方を見直す、生活のスタイルを見直す必要が出てくる時です。

恋愛に関しては、真正面からぶつかり合うようなガチの議論、ひいては喧嘩や口論へと向かってしまいそう。あまり深刻に考えると辛くなるので少し引いてみるような姿勢でいるといいでしょう。

※1(ナクシャトラ):インド占星術で使われる、月の位置をもとに区分される27の星宿。

※2(プナルヴァス):27ナクシャトラの中の1つ、支配星は木星、善性、真理の体現、回復や再生を意味するナクシャトラです。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する