獣医師から薬草ハーバリストへ|加藤美帆さんの転身ストーリー

Miho Kato - suu -

獣医師から薬草ハーバリストへ|加藤美帆さんの転身ストーリー

君嶋瑠里
君嶋瑠里
2020-02-21

薬草の効果や効能をライフスタイルに生かすための提案を行う「薬草ハーバリスト」として活躍する加藤美帆さん。野草茶の魅力に取りつかれ、立ち上げたブランドは海外からも支持されています。企業、カフェやサロンのドリンクプロデュースなど活躍の場を広げ続ける彼女の軌跡とは。

獣医師から「薬草ハーバリスト」へ

お茶を注ぐと、よもぎが香り、ハーブがやさしくよもぎに寄り添い、共鳴する。飲み終えたころには、胸の奥がじーんと温まっている。心にまとっていた鎧が、すっと静かに解けていく…。その余韻は、ヨガを終えた後の心身がほぐれていく感覚と、どこか似ているように感じます。

-suu-
welcome-tea  - suu -

この不思議な味がするよもぎ茶を作ったのは、福岡県糸島市で「薬草ハーバリスト」として活動する加藤美帆さん。2014年に移住し、わずか3年で自身のブランド「- suu -(スー)」を立ち上げ、世に広め続けています。

―――ハーバリストになる前は、どんなお仕事をしていたのですか?

大学卒業後は獣医師として、毎日たくさんの動物の命と向き合っていました。夜勤や急患の対応で、休憩も満足に取れないのは日常茶飯事。慢性的な寝不足、不摂生な生活で疲れきってしまい、仕事以外のプライベートな楽しみは無いも同然でした。獣医師は子供の頃からの夢だったはずなのに、やりがいに対して負担が大きすぎたのだと思います。

変化が訪れたのは、結婚を機にサンフランシスコへ移住し、知人が立ち上げたITベンチャー企業で働き始めた頃。初めて携わるビジネスの世界は、膨大な求心力とエネルギーが渦巻いていました。

飼い犬 -suu-
糸島への移住から数年後に飼い始めた愛犬と/ - suu -

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

-suu-
suu  Miho Kato
suu  yakusou
薬草酒 suu
薬草ごはん suu
糸島の海の夕暮れ -suu-
月の巡り suu
飼い犬 -suu-
酵素シロップづくり
薬草コスメ作り
糸島の森
糸島の海
足湯 suu
suu  お茶
獣医師から薬草ハーバリストへ|加藤美帆さんの転身ストーリー
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する