美しさ=若さ、じゃない。年齢を重ねても美しい人とそうでない人の違い

PIXTA

美しさ=若さ、じゃない。年齢を重ねても美しい人とそうでない人の違い

日本を代表するヨガ指導者であるケン・ハラクマ先生がすべてのヨギに贈る、心温まる言葉のギフト。今回は「美しさ」について。

「今、ここにいる自分」の価値を心から認められる人は、美しい

美しさ=若さという概念にとらわれ、歳なんて取りたくないとエイジングに否定的な女性も多いですが、どんなに美しい人も確実に歳を取る、これは紛れもない事実。でも、人生の先輩の中には白髪やシワがあっても実にチャーミングな女性がたくさんいます。歳を重ねることを受け入れた包容力は、強さとしなやかを育み、新しいことを吸収する柔軟性とときめきを失わなければ輝きも衰えません。肝心なのは、年齢にあらがうより、いかに自分の生き方を楽しみ、輝けるか。それにはまず、年齢相応に生きている自分の価値を認め、自分自身を褒めてあげることからスタートしてみましょう。自分を認めてしまうとこれ以上成長できないと思いがちですが、それは大きな間違いでありストレスのもと。そして、視野を広く持ち臆せず行動し、周りの人の言動も参考にしながら自分に合うものを取り入れていきましょう。人との関わりの中で生まれるすべての感情は、人生を活性化させるエネルギーです。嫉妬心や劣等感などの負の感情は、自分磨きの原動力に上手く転換すること。また、周りの状況が私を変えてくれるという受け身の姿勢だと、思い通りにいかなかったとき状況を言い訳にして不満が募るので危険です。今は子育てが忙しいからやりたいことができない、ではなく、やりたいことのために子育てをどう工夫するか。状況にのまれず自分主導で状況を変える生き方にチェンジして。新しいことにトライする好奇心は、輝きを引き出す特効薬。ただし、極めることに固執すると堅物になり周りともぶつかりやすくなるので、こだわりを少し緩めつまみ食い感覚でさまざまなことにトライしほどよく夢中を楽しんで。トライするアクティブさと将来の備えへの慎重さ、この2つのバランスも忘れずに。

yoga Journal日本版Vol.35掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する