困難に立ち向かう前にすべきこと6つ

PIXTA

自分の幸せを阻むのは…自分自身!困難に立ち向かう前にすべきこと6つ

TARA BRACH
TARA BRACH
2018-01-28

離婚を切り出されてしまった、PTSDに悩まされている、仕事をクビになってしまったetc.…あなたの目の前にある困難は、どういったものだろうか?「RAIN」とは、人生の困難を乗り越えるメソッド。「Recognize(認識)」「Allow(受け入れる)」「Investigate(探求)」「Non identification同一視しない)」の頭文字をとったものだ。困難に直面したとき、この4ステップで解決へと導くための心を養う。だが、RAINを行うために意識すべきことがある。カギとなるのは、目的を持って意識的に進めること。RAINを行うときのポイントを紹介しよう。

1.小休止しよう

RAIN6つのポイント
(Photo by PIXTA)

RAINを始める前には、少し休もう。このとき、体を休めること以上に大切なのが、何かに反発しようとする、雑然とした思考から心を休めることだ。思考から雑念を退け、心の動きに注意を向けるスペースを意図的につくり出してみよう。また、習慣になっていてほとんど無意識に行っていることを意識的に中断し、そのときの状況に注意することだけに時間を費やしてみよう。そうすることで集中力が高まり、プラクティスに明瞭さがもたらされる。

Translated by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.35掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

RAIN6つのポイント
RAIN6つのキーポイント
RAIN6つのキーポイント
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する