ダイエット効果も!ストレス食いを解消する「食べるマインドフルネス」とは

Getty Images

ダイエット効果も!ストレス食いを解消する「食べるマインドフルネス」とは

石上友梨
石上友梨
2019-09-09

イライラしながらどか食いをしたり、ストレス食いをしてしまうことはありませんか?食べることがストレス解消法な方も多いと思います。ダイエット中なのに甘い物を食べてしまい、あとから後悔したことがあるかもしれません。ダイエットのために食事制限したいけど、大好きな甘いものはやめたくない…そんな方におすすめなのが食べるマインドフルネスです。食べるマインドフルネスでは「食べるもの」ではなく、「食べ方」を変えていきます。それでは、五感を使った食べるマインドフルネスを紹介します。

食べるマインドフルネスとは?

「ストレス食い」をした時の、食べ物の味を覚えていますか?おそらく、覚えていることの方が少ないかと思います。

私たちが「ストレス食い」や「どか食い」をする時は、大抵何か別のことを考えていたり、何か強い感情に支配されていたりして、食べ物をしっかりと味わってはいないことが多いと思います。「ストレス食い」や「どか食い」は、マインドレスな状態で行われます。マインドレスとは「気づいていない」「意識していない」状態のことです。

ほとんど意識しない状態で食べ物を食べているからこそ、満腹感もなかなか得られづらく、ストレス解消として食べていても、心の満足感も得られづらい状態になっています。

食べるマインドフルネスでは、食べることにしっかりと意識を向けていきます。そのため、咀嚼回数も多くなり、おなかの満腹感も得られやすくなり、食べ物を味わい尽くすことで心の満足感も高くなります。

マインドフルな状態で食べ物を食べると、食材の味をいつまでも覚えていられることに驚くかもしれません。おそらく、「ストレス食い」をしてしまう人は、本来、食べることが好きな方だと思います。食べるマインドフルネスで、食べ物本来のうまみを味わい尽くし、食べることの楽しみを取り戻しましょう。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する