ヨガとスープの共通項って?ヨガ友と行うキッチンプラクティスのススメ

PIXTA

ヨガとスープの共通点って?ヨガ友と行うキッチンプラクティスのススメ

ANNA THOMAS
ANNA THOMAS
2018-01-03

アメリカで料理研究家として活躍するアナ・トーマス。ヨギでもある彼女が、引っ越し中に使っていた「間に合わせの小さなキッチン」で気づいたこととは?

その小さなキッチンを使うのは、せいぜい6カ月くらいだろうと思っていた。私は長年住んだ家を売り、住めるようにするのに大幅な工事をしなくてはいけない、以前よりずっと小さな家を買ったところだった。新しい家を工事している間は、その隣にあった画家用のスタジオを改装し、寝室用のロフトの階段の下に小さなキッチンを押し込んだところに住んだ。そこのキッチンにあったのは、カウンターがひとつ、アパートメント用の20インチのコンロ、タイヤのついたイケア製のカート。「新しい家に移るまでは、人をもてなすこともないわね」 と私は思った。リフォームをしている間は、食事はコーヒーとテイクアウトのものですませなければ。当時、私はショック状態にあった。子供たちが育った家を去ることが寂しく、これまでよりずっと小さな家に住む準備で疲れきっていたのだ。私は、8つの寝室、7つの暖炉、28のクローゼット、そして大きなキッチンのある巨大なカントリー・ハウスから、クローゼットのない、商業用のワンルームへと引っ越したのだった。大量のものを処分し、それ以外は倉庫行きとなった。 持ってきたのは、いくつかの本当に生活に欠かせないものだけ。ヨガのクラスや執筆に没頭する時間といった、そのほかの自分の生活も後々までお預けにした。生活が激変するなかで、そんなことをする余裕はなかったのだ。私は引っ越した。クローゼットをつくり、荷物の箱を開けた。3Dパズルを解くように、ものを一体どこにしまえばいいのかを考えた。私は泣いた。そして小さなキッチンに入った。立って手を伸ばすと、どこにでも手が届いた。「小さなキッチンにいるんだわ」――私は思った。

Translated by Yuko Altwasser
yoga Journal日本版Vol.23掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ヨガとスープの共通項って?ヨガ友と行うキッチンプラクティスのススメ
ヨガとスープの共通項って?ヨガ友と行うキッチンプラクティスのススメ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する