ゲストの体と心を労わるアーユルヴェーダ的大皿料理レシピ4選

JENNIFER OLSON

アーユルヴェーダの大皿料理でおもてなし!心と体を労わるレシピ4選

集まってくれた人の体をいたわるパーティメニューはいかがだろうか? 『The EverydayAyurveda Cookbook』の著者で、アーユルヴェーダ医兼ヨガティーチャーとして活躍するケイト・ドーネルのレシピを紹介しよう。

ワイルドライス(野生米)のスタッフィング

アーユルヴェーダ レシピ ワイルドライス
(Photo by JENNIFER OLSON) 

この栄養豊富な料理には、甘味、塩味、酸味、渋味があり、体の組織を強化すると同時に、組織に栄養を与える力強い料理になっている。リンゴと野生米が自然の甘味を生み、ブロスが塩味を生み、クランベリーが酸味と渋味を加えている。また、野菜をソテーするほか、器に塗るのに使うギー(澄ましバター)は、重い乳固形分を取り除いているため、アーユルヴェーダでは最も消化しやすい料理油であると考えられている。

材料(8人分)

  • 発芽小麦パン(スライス6〜7枚を角切りに切る)…6カップ
  • 野菜ブロス…1リットル
  • 野生米…1カップ
  • ギー(分けて使う)…1/4カップ、大さじ2
  • セロリ(約4本分を角切りにする)…2カップ
  • フェンネル(1〜2株を角切りにする)…2カップ
  • リンゴ(1〜2個を角切りにする)…2カップ
  • セージ(生のセージをみじん切りにする)…大さじ2
  • タイム(生のタイムをみじん切りにする)…小さじ1
  • 塩…小さじ1
  • 黒コショウ…小さじ1/2
  • アップルソース(甘みを加えていないもの)…1/4カップ
  • クランベリー(生のクランベリーを角切りにする)…1/2カップ

作り方

  1. 天板に角切りにしたパンを広げて一晩乾かす。あるいは、180度のオーブンの最上段に天板を入れて、パンが乾燥するまで約15分間加熱してもよい。
  2. 大きな片手鍋でブロスを沸騰させる。そこに米を加えて蓋をする。弱火にして、米が柔らかくなり割れるまで75分間コトコト煮る。火から下ろしても蓋をしたままにしておく。
  3. オーブンを200度に加熱する。
  4. 大きなフライパンを中火にかけて、ギー1/4カップを溶かす。セロリとフェンネルを加え、透き通るまで5分間ソテーする。そこにリンゴを加えて、かき混ぜながらまた5分間ソテーする。さらに、セージ、タイム、塩、黒コショウを加えて、ハーブ類がきつね色になり始めるまで2〜3分間加熱する。
  5. ガラスの器(23cm×33cm)に残りのギー大さじ2を塗る。ボウルにパン、米、フェンネルとリンゴ、アップルソース、クランベリーを入れて混ぜたら、ギーを塗った器に移し、アルミホイルで蓋をする。全体に火が通るまで20分間加熱し、ホイルを取って表面に焦げめがつくまでさらに10〜15分間焼く。

Story by Shannon Sexton
Translated by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アーユルヴェーダ レシピ ワイルドライス
アーユルヴェーダ レシピ 芽キャベツ フェンネル ロースト
アーユルヴェーダ レシピ トマト ナツメヤシ チャツネ
アーユルヴェーダ レシピ ヤムイモ ココナッツクリーム 
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する