ゲストの体と心を労わるアーユルヴェーダ的大皿料理レシピ4選

JENNIFER OLSON

ゲストの体と心を労わるアーユルヴェーダ的大皿料理レシピ4選

SHANNON SEXTON
SHANNON SEXTON
2017-12-12

芽キャベツのフェンネルロースト

アーユルヴェーダ的大皿おもてなし料理4選
(Photo by JENNIFER OLSON) 

6つの味をもれなく含んでいるアーユルヴェーダの古典的スパイスミックス(チュルナ)を利用した料理で、苦味のある芽キャベツを主役にすることによって、重く甘い料理が多くなりがちな食事に軽やかさをもたらすことができる。酸味の強いレモン汁をかけるため、穏やかに消化を促す料理になる。

材料(8人分)

  • コリアンダーシード…小さじ1
  • クミンシード…小さじ1
  • フェンネルシード…小さじ1
  • 塩…小さじ2
  • ターメリックパウダー…小さじ1
  • 黒コショウ…小さじ1/2
  • 芽キャベツ(茎の先を取り除いて半分に切る)…1,300g
  • ギー(溶かす)…1/4カップ
  • レモン汁…レモン1/2個分

作り方

  1. オーブンを230度に加熱する。
  2. 中程度の大きさのフライパンを中火にかけて、油を使わずにコリアンダー、クミン、フェンネルを炒る。よくかき混ぜながら3〜5分間炒り続け、香りが立ってきたらフライパンから取り出して5分間冷ます。
  3. 炒ったスパイス類をスパイスグラインダーかすり鉢に入れて、粗い粉末状にする。ボウルにこの粉末状のスパイスを入れて、塩、ターメリック、黒コショウを混ぜる。さらに、芽キャベツとギーを加えて、芽キャベツにスパイス類を均等にまぶす。
  4. 天板2枚に芽キャベツを広げる。芽キャベツがカリっとしてくるまで20分間焼く(途中で一度裏返す)。芽キャベツの上にレモン汁をかけて、お皿に移す。

栄養成分(1人分) 136㎉、脂質8g(飽和脂肪4g)、 炭水化物15g、食物繊維6g、タンパク質  5g、ナトリウム530㎎

Translated by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.51掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アーユルヴェーダ的大皿おもてなし料理4選
アーユルヴェーダ的大皿おもてなし料理4選
アーユルヴェーダ的大皿おもてなし料理4選
アーユルヴェーダ的大皿おもてなし料理4選
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する