【40秒動画】姿勢やレッグラインが整う「戦士のポーズⅠ」

Mika Nihei

【40秒動画】姿勢やレッグラインが整う「戦士のポーズⅠ」

ヨガインストラクター仁平美香先生による「女性のためのヨガ(月経血コントロールヨガ)」を動画で学ぶ連載コーナー。足先や頭部などの末端からゆるめて【力みのない姿勢】を作り、体のゆるめる・しまるのバランスを整えるヨガです。このヨガを続けると呼吸が深まり、骨盤底筋群などのインナーマッスルが働きやすくなるだけじゃなく、内臓も正しい位置に収まり、下腹部にある子宮など女性に大切な臓器を圧迫しない体に!

姿勢やレッグラインが整う「戦士のポーズⅠ」

女性のためのヨガ(月経血コントロールヨガ)では、前ももは最小限にしか使わず、後ろ内ももを優位に使って戦士のポーズⅠを行っていきます。後ろ内ももがきちんと使えるとレッグラインが美しくなっていきます。

骨盤を立てて、会陰(肛門の5ミリほど前の位置)が床の方向を向き、百会(耳の付け根から頭頂に向かってまっすぐ登ったあたり)が天井を向くようにして、骨盤が後傾しすぎず前傾しすぎてもいない状態を作ります。体の軸を意識して背骨のやわらかいS字カーブを維持してポースをキープしましょう。腰が強く反ってしまいやすい方は仙骨を床に対してできるだけ立てるようにイメージすると骨盤が前傾しすぎずにキープしやすく。

戦士のポースⅠ

ポーズの効果と目的:脚や体幹の使い方を覚え、姿勢を美しくしてくれるポーズ。ふくらはぎのむくみにも効果的です。

 

HOW TO

①マットの後方に立ち、片足を大きく一歩前に踏み出します。

②後ろ脚は力まない程度に伸ばしましょう。

③軽く腰を落とし、前脚のすねが床と垂直になるようにスタンスを調整します。適切なスタンスだと後ろももが使いやすくなります。

※踏み込みすぎている場合はスタンスを広げ、スタンスが広すぎた場合は少し後ろ足を近づけで前足の脛がまっすぐ立つようにします。

④胸の前で合掌し、肛門の5ミリ前(会陰)~背骨の直前~頭頂(百会)を1本のラインで意識してポーズを5呼吸ほどキープ。

⑤余裕があれば腕を上げ、さらに3呼吸ほどキープします。

⑥合掌したら、腰に手をあてマットの後方に戻ります。

⑦反対の足も同様に行ないましょう。

効果を出すポイント:みぞおちのあたりを突き出しすぎず、背骨のやさしいS字カーブを維持しましょう。

教えてくれたのは…仁平美香さん
月経血コントロールヨガ、産後ママのためのメンテナンスヨガ、体軸ヨガ講師養成スクールティーチャー、セラピスト、栄養士。一般社団法人日本ホリスティックヘルスケア協会理事。女性のためのヨガ協会代表。女性のためのイベントYOGAWOMANにて講師を担当する他、企画運営にも携わる。「カラダをゆるめてこころを整えるはじめての月経血コントロールヨガ」「医師もすすめる血管美人ヨガ」等著書多数。雑誌・WEB等コラム監修も行う。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する