慢性ストレスが健康に及ぼす被害|ストレスを緩和するのに効果的な6つの方法とは

Aaron Colussi

慢性ストレスが健康に及ぼす被害|ストレスを緩和するのに効果的な6つの方法とは

極度の疲労、ブレインフォグ(頭のもやもや感)、気分変動は、燃え尽き症候群や副腎疲労が原因だとされる話を聞いたことがあるかもしれない。だが専門家たちは、その正確な診断は難しいとしている。では、私たちを苦しめるその副腎疲労とは何だろうか。そして、なぜヨガが効果を奏するのか。慢性ストレスが健康に及ぼす影響について見直しながら、それらを見てみよう。

ストレスがもたらす危機

ぺースが速く、常にオン状態の私たちの社会では、「燃え尽き」「ストレス」「疲労」といった言葉が(控えめに言っても)常に飛び交っている。だから「副腎疲労」が流行言葉になるのも無理はない。だが副腎疲労とは何だろう?実際には「21世紀のストレス症候群」の別名であり、慢性的な疲労感による不調を指す。

では、副腎疲労とは何か?この漠然とした物議を醸す病気は、副腎が酷使されることによる慢性疲労や睡眠障害、消化器障害、認知障害、過食症などを含む全般的な症状を指す(副腎は腎臓の上部に2つある三角状の内分泌腺で、ストレス時にコルチゾールとアドレナリンという刺激性のホルモンを分泌する)。「人々が感じるストレスの度合いは高くなる一方です」とジェフリー・デュゼック医学博士は言う。博士はマサチューセッツ州ストックブリッジのクリパルセンター・ヨガ&ヘルスの統括研究官、心理学研究官であり、心身医学のパイオニアであるハーバート・ベンソンと共に身体のストレス反応について研究を重ねている。だが副腎疲労と診断されることはあっても(たいていは自己診断だが)、医学界の大半はそれを正式な病気と認めていない。内分泌学会やメイヨークリニックも、病気とする科学的な根拠はないと口を揃えている。また2016年に、『BMC Endocrine Disorders』誌上で発表された58の研究レビューにおいても「副腎疲労を内科的疾患とみなす実証はない」と結論付けられている。彼らは、各症状はうつや甲状腺機能低下症などの病状が原因である可能性が高いと考えており、副腎疲労と診断してしまうことで本当に必要な治療が遅れることを懸念している(誤解のないようにいうと、本当の副腎機能障害や自己免疫疾患はアジソン病と呼ばれ、非常にまれな病気である)。西洋医学者たちが副腎疲労をなかなか病気と認めない理由は、過敏性腸症候群や慢性疲労症候群、グルテン過敏症と同様に「診断しづらい症状」のためではないか、とデュゼック博士は推測している。また、「副腎疲労」という名前自体が混乱の元だと唱える医学者たちもいる。「副腎疲労というと、小さな副腎が疲労してコルチゾールもアドレナリンも分泌できなくなり、そのせいで元気がなくなるように聞こえてしまいます」と自然療法医で機能性医学の医師であるブルック・カラニックは言う。「そうではありません。実際は慢性的に続くストレスによって、脳と副腎が本来の関係を保てなくなるのです」

Story by Leslie Goldman
Photos by Aaron Colussi
Model by Tracey Garcia
Hair&make-up by Suzanne Blons
Translation by Sachiko Matsunami
yoga Journal日本版Vol.62掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ストレス うつ 精神疾患
ストレス ヨガ 坐位 山のポーズ
ストレス ヨガ 坐位
ストレス ヨガ 坐位
ストレス ヨガ 坐位
ストレス ヨガ 坐位 前屈
ストレス ヨガ 坐位 前屈
ストレス ヨガ 坐位 前屈
ストレス ヨガ 坐位 呼吸法
ストレス ヨガ 坐位 呼吸法
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する