ヨガの権威たちが実践するストレスから解放される7つの方法

BIGSTOCK

ヨガの権威たちが実践するストレスから解放される7つの方法

私たちの生活は、ストレスにまみれている。街の騒音も、毎日の通勤や仕事、ストレスを感じる要因は、そこかしこにあふれている。そんな毎日を過ごしていると、ヨガの練習も先延ばしにして、気づけば数日経っていたなんてこともあるのでは。 SNSをチェックしたり、テレビを流し見しているちょっとした空き時間。そんなわずかな時間でもできる、心を安らげるヒーリングタイムに変えるコツを、アメリカのヨギたちに聞いた。

1.1日を気持ちよく始めよう

昨日の成功を褒め、今日を前向きに過ごせるように、毎朝の儀式を決めよう。「毎朝、真っ先に朝の儀式をしないと、その日は疲れてしまうんです」。コロラド州ボールダー在住のヨガティーチャー、エイミー・イッポリーティはこう言う。「朝の儀式をすれば、大切なのは自分の人生を愛することだって思い出すの。新しい1日とその日のさまざまな重圧に前向きに臨むことができるんです」
彼女の朝の儀式はこうだ。「ペンとノート、気持ちを奮い立たせるようなカードを一組用意して、瞑想用のクッションに座ります。キッチンの椅子に座ることもあります。しばらくじっとしていて、心を通じて呼吸をしているとイメージします。息を吸うたびに、大好きなものや心から感謝していることを思い浮かべます。飼っている猫や、自分の車、仕事、家族……何でもかまいません。何回か呼吸したら、心に浮かんだものをメモします。次に、カードを一枚選んで、描かれている絵やメッセージを心に取り込みます。最後に数分間、瞑想をして儀式を終えます。それから、ウジャイ呼吸をして、どんな1日を過ごしたいか考えます」

 

2.笑顔を絶やさない

ストレスから解放される7つの方法
(Photo by MICHEL A RAVASLO/STOCKSY)

ほとんどの人は、アーサナといえば、手足、背骨、頭、胴体の位置を正確に決めるポーズのことだと思っている。ヨガの練習で忘れられているのが顔だ。「笑う」というシンプルな行為がマットの外でいかに有効なのか、私たちは考えない。「笑うことは、自分を変えるためにできる最も効果的な方法のひとつです」。アメリカ・ヴィ二ヨガ・インスティテュートの共同設立者であるミルカ・クラフトソーは言う。「笑ってみましょう。そして、ポーズをつくるときも、笑顔のことを思い出しましょう。特に幸せだと感じていないときでも、笑顔をつくれば元気が出ます。脳は自然な笑いとつくり笑いを区別できないんです」


いくつかの研究が、クラフトソーの言葉を裏づけている。笑顔をつくれば、表現と感情のフィードバックループから安らぎと喜びの感情が生まれるということを示している研究もある。ぜひ試してみてほしい、とクラフトソーは勧める。そして、周囲の人との間にいかに親密な感情が生まれるか感じてほしいと言う。「最悪な日でも、自分の周辺に存在するあらゆる幸せの種に気づくようになりますよ」

Translated by Setsuko Mori
yoga journal 2017年6/7月号掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ストレスから解放される7つの方法
至福の一杯
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する