脚上げをキープできない理由って?

PIXTA

脚上げをキープできない理由って?

綿本彰
綿本彰
2017-12-26

日本を代表するヨガ指導者、綿本彰さんが、ヨガにまつわる悩みに対してアドバイス。今回は「床ではできる前後開脚が、立って脚をキープできない」というお悩みに回答!

筋力を鍛えるとともに、力の入れ方を覚えて

筋力が足りないことに加え、力の使い方がよくないものと思います。柔軟性の問題で足が上げづらくなっているわけではないので、単純に足を上げるための筋力を鍛える必要は大いにあります。ただ、ある程度の筋力さえあれば、力の入れ方次第でポーズはキープしやすくなるもの。具体的には「適切な腹圧」と「その圧力を足裏に流すイメージ」があれば、効率よく筋力が使われ、比較的楽に足が持ち上がります。腕力だけで腕立て伏せを行おうとすると辛いですが、体幹を意識すると楽に行えるようになるのと同じです。

脚上げをキープできない理由って?
戦士のポーズ(Photo by PIXTA)

筋力を鍛えつつ、戦士のポーズなど両足を床についた立位ポーズで「腹と足のつながり」の感覚を養い、最小限の力でポーズを保持できるよう練習しましょう。

yoga Journal日本版Vol.47掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

脚上げをキープできない理由って?
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する