生理中も心地よく!骨盤底筋群を鍛えて月経血をコントロールしよう

PIXTA

生理中も心地よく!骨盤底筋群を鍛えて月経血をコントロールしよう

POSE2.股関節を整えて骨盤底筋群を目覚めさせる「花輪のポーズ」

骨盤底筋群は、股関節に乗れていないとうまく働きません。股関節をしなやかに整えて、骨盤底筋群を機能させていくワーク。しゃがむ姿勢は骨盤底筋群を鍛えるのにとても有効。しゃがんでいる際は、会陰(肛門の5㎜程前)を引き上げておきましょう。

HOW TO

1.股関節を意識するため、手で円を描くようにしてマッサージします。触ることで、左右均等に使いやすくなります。

骨盤底筋を鍛えるポーズ
(Photo by SHINOBU KAMIYAMA)

2.膝を開いて真下にしゃがんだら、胸の前で合掌して左の股関節に乗りながら、右に少し振り向き5呼吸。逆側も同様に。

骨盤底筋を鍛えるポーズ
(Photo by SHINOBU KAMIYAMA)

横から見ると

骨盤底筋を鍛えるポーズ
(Photo by SHINOBU KAMIYAMA)

上体が前に倒れやすいので注意。みぞおち(おへそから指3本上辺り)を丸めるようにすると上体が前のめりになるのを防げます。

仁平美香先生プロフィール

ヨガインストラクター。重度のPMSや生理痛を克服した自らの経験をもとに「月経血コントロールヨガ(子宮美人ヨガ)」「体軸ヨガ」などを指導。セラピストとして整体も行う。

  • 2
  • /
  • 2

Photos by Shinobu Kamiyama
yoga Journal日本版Vol.43掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

骨盤底筋を鍛えるポーズ
骨盤底筋を鍛えるポーズ
骨盤底筋を鍛えるポーズ
骨盤底筋を鍛えるポーズ
骨盤底筋を鍛えるポーズ
骨盤底筋を鍛えるポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する