感情に振り回されて疲れてしまうあなたへ、ケン・ハラクマさんのメッセージ

PIXTA

感情に振り回されて疲れてしまうあなたへ、ケン・ハラクマさんのメッセージ

日本を代表するヨガ指導者ケン・ハラクマさんが、すべてのヨギへ贈る心温まる言葉のギフト。連載形式で、ケン・ハラクマさんの愛や思想を学びます。今回のテーマは、「感情に振り回されてしまう」について。

自分の感情と向き合う時間を作りましょう

疲れのたまりやすい季節ですが、うまくいかないことに対して、自分を責めたり苛立ったりと感情に振り回されていませんか?

今のあなたに必要なのは、内側に意識を向けて感情と向き合う時間を持つことです。まず、自分の中心に何事にも動じない自分の存在をイメージします。常に冷静でいられる中心の意識を探し出せると、悲しむ、怒る、慌てるなどの感情も中心から静かに観察できるようになります。

たとえるなら中心の意識は、周りで突風が吹いても静かな状態にある台風の目のような存在です。何もジャッジせず、優劣もつけません。

感情に振り回され疲れてしまうあなたへ
(Photo by PIXTA)

変化していく感情を中心から冷静に見られるようになると、自分はどんなことを考えどんな価値観を持っているのか浮き彫りになってくるでしょう。

気が付かなかった意識に辿り着き、原因の根本を見つけられるかもしれません。大きなダメージを受ける前に予測し、行動パターンも変えられるはずです。また、感情に振り回されず、中心から感情の行き先をコントロールできるようになり、気持ちを切り替えやすくなります。

意識が内側に向き、感覚が敏感になってくると、自分の嫌な部分もより見えてきます。
「自分が悪い」「自分はダメだ」
と自己否定に陥りがちですが、自分を攻撃するのはやめましょう。何も解決しません。

無理に変わろうとする必要はありません。揺るがない自分の中心に戻って嫌な部分を見つめ、受け入れてあげましょう。

日々忙しく過ごす現代人は、自分と向き合う時間が不足しています。毎日5分でもいいので静かな空間で目を閉じて、自分の感情と向き合う時間を作ってみてください。

ストレスが減るだけじゃなく、新たな可能性の発見にもつながり、自分という存在を今よりも愛しく思えるはずです。

yoga Journal日本版Vol.48掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

感情に振り回され疲れてしまうあなたへ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する