射手座 1/21~2/4 の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

Nanayo Suzuki

射手座 1/21~2/4 の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

吉野まゆ
吉野まゆ
2019-01-21

インド占星術とヨガの共通項「月」をキーワードに、新月と満月にあわせて占いを更新予定。ヨガジャーナル日本版で大人気の公式キャラクターニャンティが、12星座に扮して皆さんの運勢をお届けします♡

射手座 12/16 – 1/14

射手座
射手座/Illustration by Nanayo Suzuki

インド占星術では、多くの人が、一般的に知られている西洋占星術の太陽星座から一つ手前の星座にずれます。星座の横に記載している日付を誕生日と照らし合わせて確認しましょう。

全体運

1月21日は蟹座で満月、日本では観測できないけれど、皆既月食になります。ナクシャトラ(※1)のプシャヤ(※2)は、最も吉祥なナクシャトラといわれ、誠実であり、人々の成長を促し、教え導くといった意味合いがあります。射手座のあなたにとっては8室、予想外の出来事に巻き込まれる、変化を余儀なくされる、望む通りにはいかない、けれど棚ぼたなどもあり得るというハウスで起きる月食です。

いったんリセットする、執着やこだわりをいったん捨てる、というような軌道修正をしていくのにいい時です。いったん手放すことで新たなものが入ってくる、次へと進むことが出来るのです。

1月30日に射手座へ金星が入室しますのでそのぐらいからあなたが見ている景色が変わってくる予感、楽しいこと美しいもの、喜びや暖かさ、感性を揺さぶられるような出会いがありそうです。

※1(ナクシャトラ):インド占星術で使われる、月の位置をもとに区分される27の星宿。
※2(プシャヤ):27ナクシャトラの中の1つであり、牛、ミルクを絞る女性が象徴、滋養、育成、保持、誠実などの象意がある。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する