蠍座 1/21~2/4 の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

Nanayo Suzuki

蠍座 1/21~2/4 の運勢は?【満月と新月に更新!インド占星術】

吉野まゆ
吉野まゆ
2019-01-21

インド占星術とヨガの共通項「月」をキーワードに、新月と満月にあわせて占いを更新予定。ヨガジャーナル日本版で大人気の公式キャラクターニャンティが、12星座に扮して皆さんの運勢をお届けします♡

蠍座 11/16 – 12/15

乙女座
乙女座/Illustration by Nanayo Suzuki

インド占星術では、多くの人が、一般的に知られている西洋占星術の太陽星座から一つ手前の星座にずれます。星座の横に記載している日付を誕生日と照らし合わせて確認しましょう。

全体運

1月21日は蟹座で満月、日本では観測できないのですが、皆既月食になります。ナクシャトラ(※1)のプシャヤ(※2)は、最も吉祥なナクシャトラといわれ、誠実であり、人々の成長を促し、教え導くといった意味合いがあります。蠍座のあなたにとっては9室、幸運なハウスであり、法則や高等教育、出版や外国をあらわすハウスで起きる月食です。

あなたの信じる価値観に意識が向かう時。幸せとは?理想の生き方とは?など形而上学的な問いを発して考えてみたり、結論が見えなくてぐるぐると思考の渦に巻き込まれてしまったり、なかなかスムーズに結論には達しないかもしれません。学び直したくなったり、新たな知識を求めてみようとしたり、迷いがちな時期です。誠実であろうとすればするほどに…なかなか一筋縄ではいかない時かもしれません。

※1(ナクシャトラ):インド占星術で使われる、月の位置をもとに区分される27の星宿。
※2(プシャヤ):27ナクシャトラの中の1つであり、牛、ミルクを絞る女性が象徴、滋養、育成、保持、誠実などの象意がある。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する