“横たわった足の親指をつかむポーズ”が上達!体の動かし方「外旋」を意識しよう

Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

“横たわった足の親指をつかむポーズ”が上達!体の動かし方「外旋」を意識しよう

苦手意識を持っていたポーズも体の動かし方を意識するだけでマスターしやすく♪「スタジオ・ヨギー」エグゼクティブ・ディレクターのキミ先生に、股関節の外旋を意識した「横たわった足の親指をつかむポーズ」の習得方法を教えていただきました!

横たわった足の親指をつかむポーズは「外旋」を意識して習得!

脚を股関節からしっかり外旋させることで、ハムストリングの内側(半腱・半膜様筋)と内腿の筋肉(薄筋)を効果的にストレッチ。開脚力をさらに底上げできるポーズです。

外旋とは...

脚を外側に回して開く動き。脚をひねったり、高く上げるポーズを助ける。膝を曲げて太腿を外に向けると、股関節の外旋がわかる。動きにつられて傾きやすい股関節を、しっかり安定させるように意識して。

外転を意識しないと...

外旋が弱いと脚が開けず、軸足もつられて浮いてしまうため、両脚ともにストレッチ効果が半減。

横たわった足の親指をつかむポーズのNG
横たわった足の親指をつかむポーズのNG/Photo by Nobuhiro Miyosh(RELATION)

Photos by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)
Hair&make-up by Kosuke Hori(+nine)
Edit&text by Nobuko Okamoto
yoga Journal日本版Vol.53掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

横たわった足の親指をつかむポーズのNG
横たわった足の親指をつかむポーズ
足の親指をつかんで伸ばすポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する