ヨガの上達が早まる!股関節回りの緊張をゆるめるポーズ

SHOKO MATSUHASHI

ヨガの上達が早まる!股関節回りの緊張をゆるめるポーズ

上半身と下半身をつなぐ股関節は、体の中で最大の関節。日常生活でも、立つ、歩くなどといった様々なシーンで働いています。ヨガのポーズを深めるためには、この股関節を柔軟に保つことがカギ!

股関節が硬いのは、骨格的な問題だとあきらめていませんか?「実は、ヨガでは骨格を調整することもできるんです。骨盤についている筋肉が柔軟になれば、固まった股関節がゆるみ、体の使い方も変わります」と大友先生。そもそも、股関節の可動域が広がる利点とはなんでしょう?「股関節を土台にしている背筋がまっすぐ伸び、胸が広がります。集中力も高まり、アーサナの可能性が広がりますよ」。本来、ヨガで股関節を柔軟にする目的は、楽に心地よく座り瞑想を可能にすること。つまり、体だけでなく、ぶれない心を作ることにも役立つのだそう。では、股関節を柔軟にする方法は?「筋肉は伸ばす、縮めるという反する動きを交互に行うと、効果的にゆるめることができます。股関節まわりには筋肉が多いので、多方面から行いましょう」。ぜひ今日から試してみてください!

大友麻子先生プロフィール

心と体を最善に保つヨガを実践し続け20年以上。書籍監修やゴルファーのためのヨガ、サーファーのためのヨガ、免疫力を上げるヨガなど各専門誌での連載も多数。様々なシーンで人々の役に立つ指導を行う。ヨガスタジオ東京代々木主宰で2児の母。

股関節回りの硬さをチェック

膝の高さは?

股関節をゆるめるメソッド
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

足裏を合わせ、膝を外側に開く。どちらかの膝が高ければ、その側の股関節が硬い証拠。

ねじりやすさは?

固まった股関節をゆるめるためのメソッド
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

上半身を左右へツイスト。股関節や背中周辺の筋肉がアンバランスだと、ねじりにくい。

足の高さは?

固まった股関節をゆるめるためのメソッド
(Photo by SHOKO MATSUHASHI)

両脚を上げた時に左右の足の高さが違う場合、どちらかの股関節が固いことも。

 

機能UPポイント①脚全体の筋肉を意識

股関節周辺だけではなく、足先まで意識すると筋肉が早くゆるむ。「おへそ〜前腿〜つま先」という体の前面と、「お尻〜腿裏〜かかと」という背面の、筋肉のつながりを意識!

機能UPポイント②多方面から伸ばして縮める

筋肉は、「伸ばす」「縮める」を繰り返して刺激することでゆるんでくる。「前から」「後ろから」「奥から」「横から」など、いろいろな方面からバランスよく刺激を与えて。 

Photos by Shoko Matsuhashi(PPI)
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Hiroko Suzuki
yoga Journal日本版Vol.48掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

股関節をゆるめるメソッド
固まった股関節をゆるめるためのメソッド
固まった股関節をゆるめるためのメソッド
股関節をゆるめるためのプレワーク
股関節をゆるめるためのプレワーク
股関節をゆるめるためのプレワーク
股関節をゆるめるためのプレワーク
股関節をゆるめるためのプレワーク
股関節をゆるめるためのプレワーク
股関節をゆるめるためのプレワーク
股関節をゆるめるためのプレワーク
股関節をゆるめるためのプレワーク
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する