高額自転車エクサマシン「Peloton」が爆売れ!アメリカで大人気の理由とは

PELOTON

高額自転車エクサマシン「Peloton」が爆売れ!アメリカで大人気の理由とは

小山陽子
小山陽子
2018-11-15

オンラインで自宅にいながらサイクルエクサクラスに参加できる「Pelton」。1台約25万もする専用自転車がバカ売れするほどの大人気ぶり。その理由と、2018年秋に公開された注目の新商品と驚きの値段をご紹介します。

自転車エクサはアメリカで未だに大人気!

たくさんの新しいエクササイズが生まれるアメリカで、根強い人気をキープしているのが、自転車エクササイズ。クラブ系エクササイズとも呼ばれるもので、ほぼ真っ暗なクラスのなか、鮮やかな照明が大音量の音楽とともにギラギラ光り、ハイテンションなインストラクターが参加者をあおりまくるというのが特徴のものです。なかでも有名なのが、「SoulCycle(ソウルサイクル)」で、あのビヨンセも通う全米で100店舗近く展開しているスタジオ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SoulCycleさん(@soulcycle)がシェアした投稿 - 2018年10月月30日午前8時13分PDT

ホットな女子が通うスタジオとして、映画でも登場するほど有名です。これほどの人気は、おしゃれで、1クラス45分という短時間ながら、450〜700キロカロリー消費できるほか、音楽による一体感でクラスに参加している仲間との絆も深まるところ。筆者も体験しましたが、クラスの後3日間は下半身が筋肉痛で歩くのが辛いほどでした(笑)

Pelotonがあれば自宅で自転車エクサが受けられる! 

もう一方で、自宅で自転車エクササイズができるという革命を起こしたのが、「Peloton」。NYのジムにあるのとほぼ同様の専用自転車を2245ドル(約25万5930円)で購入すると、オンラインで人気トレーナーのクラスが受けられる仕組み。高額ながら今までに全米ですでに30万台を販売したそう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Pelotonさん(@onepeloton)がシェアした投稿 - 2019年 5月月15日午前9時00分PDT

費用は商品代に加え、デリバリー250ドル(2万8500円)と、毎月の会員費が39ドル(4446円)がかかります。月払いの場合でも金利が0%で、月額58ドル(6612円)×39ヶ月=2245ドル(約25万5930円)。一括払いと同様に、毎月の会員費39ドル(4446円)がかかります。自転車はすべてプロがセットアップしてくれ、商品が到着したその日から乗ることが可能。この自転車はインターネットでつながっていて毎日、NYのスタジオで行われる15以上のライブクラスのほか、8000以上のオンデマンドクラスを無制限に見ることができます。クラス中は、参加している仲間の情報や自分の心拍数、クラスの残り時間なども画面で見ることができる仕組み。データをSNSに投稿することもできます。自転車が約25万円と聞くと高く感じますが、自転車エクササイズのスタジオに行くとだいたい1回40ドル(約4560円)ほど。「PELOTON」月払いにした場合、月額58ドル(6612円)と会員費39ドル(4446円)で、97ドル(約1万1000円)と考えると、月に2回以上オンラインでエクサを行えば元がとれる気分に。

Pelotonのレッスンイメージはこちらの動画をチェック!

1台約25万円の自転車エクサ「Peloton」の新商品は1台45万円!

そんな「Peloton」が満を持して2018年秋、新商品を発表しました。それが「Peloton Tread」。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Pelotonさん(@onepeloton)がシェアした投稿 - 2018年11月月11日午後3時00分PST

前述の商品と同様にオンラインでクラスが見られる“ランニングマシーン”で、なんとお値段3995ドル(45万5430円)!!! 商品の詳細はまだ発表されていませんが、2018年クリスマス商戦に向けて、すでに注目の的。45万円のプレゼント、私も欲しいです!!

※1ドル=114円で計算しています

購入はPeloton公式サイトから!

ライター/小山陽子
ロサンゼルス在住の健康に詳しいエディター&ライター。東京の雑誌編集部にて、医師やカリスマ整体師、美容家、人気トレーナーなど、第一線で活躍する多くのプロフェッショナルを取材した経験をもつ。その後、最新ダイエット情報を求めて渡米。現在は、雑誌や新聞、webサイトで最新の健康情報を発信している。 http://yoko-la.com/

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する