人気ヨガ講師が実践|ダウンドッグが上達するウォーミングアップ3つ

Kenji Yamada

人気ヨガ講師が実践|ダウンドッグが上達するウォーミングアップ3つ

基本ポーズでありながら、体が力んで辛く感じてしまい、苦手意識を持つ方が多いダウンドッグ。そこで、人気ティーチャーに、ポーズがぐっと楽になる「ゆるめポイント」を教えてもらいました。まずはポーズ前に行うべき3つのウォーミングアップ編!

ダウンドッグの前に・・・

楽な姿勢で、力の抜き方や正しい重心のとり方を確認。感覚を覚えてからポーズを行うと、体を正しく使えます。

1.肩をゆるめる感覚を長座の姿勢でインプット

肩に力が入ると体全体が力みやすく、肋骨も圧迫されて浅い呼吸に。長座になり、ダウンドッグをイメージしながら、手のひらで天井をプッシュするように両腕を上へ。すると正しい感覚が身につき、ポーズをとる際に肩の力みを手放せます。

ダウンドッグの練習法
Photo by Kenji Yamada

教えてくれたのは...ベビトレヨガインストラクター・岡本かなみ先生 

ダウンドッグ
岡本先生のダウンドッグ(Photo by Kenji Yamada)

photos by Kenji Yamada
text by Ai Kitabayashi
yoga Journal日本版Vol.55掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ダウンドッグの練習法
ダウンドッグの練習法
ダウンドッグの練習法
ダウンドッグ
ダウンドッグ
ダウンドッグ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する