新スーパーフードとしてLAで話題|コーヒーフルーツの秘めた力

Getty Images

新スーパーフードとしてLAで話題|コーヒーフルーツの秘めた力

小山陽子
小山陽子
2018-09-22

毎年、新しいスーパーフードが登場するロサンゼルス。なかでも、注目を浴びているのがコーヒーフルーツです。実は、コーヒー豆は種の部分で、そのまわりの果実に、非常に高い抗酸化作用がありました!

コーヒー豆よりそのまわりの実に高い抗酸化作用が

朝のルーティーンとしてコーヒーを欠かせない人も多いはず。筆者もその一人です。コーヒーの健康効果については、日本でもたくさんの研究発表がされています。主な成分は、カフェインとポリフェノール。カフェインには脂肪分解酵素を活性化して血行を促進、代謝をあげる効果が認められています。そのため、運動の前にブラックコーヒーを飲むことを進める医師も。また、ポリフェノールは抗酸化作用で体の免疫力を上げて、外部から侵入する細胞やウイルスから体を守る効果が。そして、体のサビを取り、アンチエイジングにも。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する