冷え・歪み・巡りを改善!ピラティスの3つのメリット

PIXTA

冷え・歪み・巡りを改善!ピラティスの3つのメリット

指先が冷たくなっていませんか?季節の変わり目は、寒暖差によって冷えやすいもの。冷え体質を改善するには、体の熱を作ってくれる筋肉を増やすことが一番の近道! インナーから筋力をUPできるピラティス&立位のポーズで、今年こそ冷えしらずな体に!

ピラティスがおすすめな理由

1.筋力を活性化させるピラティス式呼吸法

ピラティスは、「 鼻から吸って口から吐く」胸式呼吸法が基本。胸に空気を入れて、腹部を意識し息を吐くことで、腹横筋や腹斜筋などの深層筋を活性化。動きと合わせて行うことで、血の巡りもより促進され冷えも解消されます。

2.緻密な解剖学的理論で深層筋にまでアプローチ

ピラティスは骨のラインや角度も緻密に計算され、より鍛えたい筋肉や深層にアプローチするメソッドが豊富。足を上げる角度が少し違うだけで使われる筋肉も変わるなど、ピラティスで体の使い方を覚えるとポーズも深まります。

3.前後左右バランスのとれた筋力づくりに効果抜群

体を温めるにはお尻や太腿、体幹を安定させる腹筋群を強化すること。インナーと呼ばれる腹斜筋、腹横筋、腸腰筋などは脊柱や骨盤回りに集中し、ピラティスはこれらをバランスよく鍛えられるので体の歪みも整います。

 

教えてくれたのは...Mohi先生
ピラティス講師。プロアスリートから企業経営者まで、年間2000名以上のクライアントを受け持つ。ケン・ハラクマ氏に師事し、アシュタンガヨガを学んだ経験を持つなど、幅広い知識を活かした的確な指導に定評がある。

text by Ayako Minato
Yogajournal日本版vol.45掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する