アメリカで最近注目のヨガトレーナー、リブ・ローの正体は?

Liv Lo(photo by instagram)

アメリカで最近注目のヨガトレーナー、リブ・ローの正体は?

長坂陽子
長坂陽子
2018-08-27

最近、アメリカである1人のヨガトレーナー&テレビ番組の司会者が注目を集めているそう。その名もリブ・ロー。彼女が話題になるその理由とは?

現在アメリカで大ヒット中の映画『クレイジー・リッチ!』。ニューヨークで暮らすレイチェルは恋人ニックとともに彼の実家のあるシンガポールを訪れることに。着いてみるとニックが実は超大富豪の御曹司であることが明らかに! レイチェルはニックの妻の座を狙う女性に悩まされ、セレブすぎるニックの家族たちとのギャップに苦しむことになる、というストーリー。この映画が画期的なのは、ハリウッドではマイノリティとされているアジア系の俳優がキャストを占めているということ。なんと主要キャストがアジア系だけというのは1993年の映画『ジョイ・ラック・クラブ』以来だそう。
このキャストの中で女性観客をときめかせているのがニックを演じるヘンリー・ゴールディング。マレーシア系イギリス人でマレーシア出身の彼はこれまでイギリスで俳優、キャスター、モデルとして活躍してきた。ご覧の通りイケメン!

 

Liv Loさん(@livvlo)がシェアした投稿 - 2018年 8月月8日午後4時20分PDT

前置きが長くなったけれど、その彼のハートをプライベートで射止めたのがリブ・ロー。彼女はイタリア人と台湾人のハーフで元モデル。現在はTV番組の司会者やヨガトレーナーとして活躍している。ヘンリーとともにレッドカーペットに登場することも増え、注目度は急上昇! 知性的なルックスとヘルシーなボディで彼女自身の人気も高まっている。

タレントとして多忙な日々を送りつつ、現在もヨガトレーナーとしてクラスを教えているリブ。ヨガは身体だけでなく精神的な成長も助けてくれたと語っている。「17歳から27歳まではモデルをしていたけれど、自分の見た目に振り回されていた。あの頃の私は起きている間、ずっと食べるもののカロリーを計算しどうすればカロリーを減らせるか、筋肉量を増やさずにワークアウトできるかばかり考えていた。信じられないわ」とコメント。「今はできるだけヘルシーなものを食べる、それを心がけているわ。精製していない穀物や加工食品ではないものを食べているの」。そしてなんと2年間体重計には載っていないのだそう。この変化もヨガの影響が大きいという。ヨガをすることで自分の欠点を受け入れ、さらにそれを頑張る動機にすることができるようになったそう。「ヨガのいいところは体重を減らせるだけではないの。自信と健康的なボディイメージが持てるようになる。生徒にもそれを教えようとしているわ。私自身もそれと格闘してきたから」。ヨガをするときは「体重を減らすことではなくて、強くなることに集中している」そう。
今は自分のスタジオを持つ予定はないけれど「ヨガが持つ意味、自分の目的やスタイル、生徒に教えたいことをベースに自分のやり方を確立しているところなの」。彼女自身がスタジオをローンチ、スターインストラクターになる日も近いかも。今から注目しておきたい!

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する