ビタミンCの含有率はオレンジの12倍!アメリカで話題のスーパーフルーツを使った絶品タルト

Getty Images

ビタミンCの含有率はオレンジの12倍!アメリカで話題のスーパーフルーツを使った絶品タルト

何世紀にもわたり、ヨーロッパとアジアで健康と美容のために利用されてきたシーバックソーンベリーが今、アメリカで人気だ。化粧品にも食品にも利用されていて、食品にはたいてい果汁(シーバックソーンジュースまたはオリヴェロジュースと呼ばれている)の形で使われている。なぜ話題になっているのだろうか。人気の理由と、シーバックソーンベリーを使った絶品スイーツのレシピをご紹介!

シーバックソーンベリーには、カロテノイドやフラボノイドのような抗癌作用のある抗酸化物質やビタミンC(平均すると、ビタミンCが豊富なオレンジの12倍)のほか、必須アミノ酸と心臓を保護する脂肪酸が含まれている。また、医薬品化学の専門誌『Current Medicinal Chemistry』に最近掲載された研究では、2型糖尿病を改善する可能性さえ示されている。「果汁は酸味がかなり強いですが、シャーベットやサラダドレッシング、デザートの材料としてはとても使いやすいものです」。アリゾナ大学医学部アリゾナ統合医学センターの創設者でありディレクターであると同時に、トゥルー・フード・キッチンというレストラン(drweil.com)の共同創設者、共同オーナーの顔ももつアンドリュー・ウェイル医学博士はこう語っている。「この果汁を大さじ2、3杯も摂取すれば、効果を得るには十分です」。トゥルー・フード・キッチンのレシピをアレンジしたこの美味しいタルトをお試しあれ。

シーバックソーンベリーのタルト

サジー
photo by  Aaron Colussi   

グルテンフリーのタルト台:材料とつくり方(20㎝のタルト型2つ分)

  1. グルテンを含まない小麦粉(2と3/4カップ)と砂糖(2/3カップ)をブレンダーに入れて混ぜ合わせる。そこにオーガニックショートニング(1カップと大さじ1)、豆乳(大さじ3)、バニラ(小さじ1)、オレンジの皮(1個分)を加えて、ひとつにまとまるまで高速で混ぜる。
  2. 1を2等分してラップでしっかり包み、30分間寝かせる。
  3. それぞれ直径28センチ×厚さ6ミリ程度の円形に伸ばす。20センチのタルト型をふたつ用意して、それぞれに生地を押さえつけて、はみ出た部分をフォークで切り落とす。160度のオーブンできつね色になるまで焼く(約20分間)。

フィリング

  1. 大きな鍋に砂糖(2と3/4カップ)、ココナツウォーター(1と3/4カップ)、シーバックソーンのピューレ(1カップ)、コーンスターチ(3/4カップ)、ライム果汁とレモン果汁(各小さじ4)を入れて滑らかになるまでよく混ぜる。
  2. 中火で沸騰させて、頻繁にかき混ぜながらどろっと固まり始めるまで火にかける。
  3. 火から下ろして、ココナッツクリーム(1カップ)、エクストラバージンオリーブオイル(小さじ8)、レモンの皮(1個分)を加えて、滑らかになるまで混ぜる。
  4. ふたつのタルト台に分け入れて、少なくとも4時間冷蔵庫で冷やす。

※シーバックソーンベリーは、日本では一般的にサジ―と呼ばれている。ネットでも通販可能なのでアクセスしてみよう。

by Melissa B. Williams
photo by Aaron Colussi
food styling by Eric Leskovar
translation by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.46掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

サジー
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する