長く走れる体になる!肺の奥まで呼吸を届ける準備ポーズ

YJ

長く走れる体になる!肺の奥まで呼吸を届ける準備ポーズ

走り始めはいいのに、長く走り続けられないという人は、呼吸パフォーマンスに改善ポイントがありそう。走る直前の準備運動で、肺の奥まで呼吸を届けやすくしましょう。ランヨガ講師の伊藤ゆり先生に教えていただきました。

肺の奥まで呼吸を届ける「立位の体側伸ばし」

肋骨の間を広げ、呼吸を深めてストレッチ。肺の隅々まで呼吸が行き渡る感覚を覚え、ランの呼吸パフォーマンスを改善します。

HOW TO

両足は腰幅で立ち、息を吸って両手を真上に。吐く息で左手を下ろし、右手は斜め上に伸ばして5呼吸したら反対側も。

体側を伸ばし

POINT
斜めに上げた手が骨盤~指先まで伸びる感覚を意識。肩はすくめず、腕を耳から離して。

 

教えてくれたのは...伊藤ゆりさん

ヨガ講師として活躍しながら、ジョギングインストラクターの資格を活かして「ランヨガ」を指導。月間走行距離はときに200㎞超え&60㎞のウルトラマラソンへの参加経験も有り。

教わったのは...伊藤ニーナさん

2011年GINGERスターオーディションモデル分門にてグランプリを受賞。「GINGER」(幻冬舎)、「CLASSY.」(光文社)など様々な雑誌で活躍中。「TOKYO GIRLS COLLECTION」など大型ファッションイベントにも多数出演している。

Instagram⇒@ninaitoh

Model by Nina Ito
Hair&make-up by Kazumi Kikuchi (P-cott)
Text by Nobuko Okamoto

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

体側を伸ばし
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する