ランのスピードを上げるには腕の振りが重要!速く気持ちよく走るためのヨガポーズ

YJ

ランのスピードを上げるには腕の振りが重要!速く気持ちよく走るためのヨガポーズ

脚の速さが気になりがちなランニングですが、実は腕の振りも大切。腕を大きく速く振れるほどピッチが上がり、腕の可動域が低いと思うように振れません。原因となる肩まわりや背中の詰まりを解消してくれるワークを、ジョギングインストラクターの資格をもつランヨガ講師の伊藤ゆり先生に教えてもらいました。

腕振りをスムーズにする「腕だけガルーダーサナ」

緊張しがちな肩甲骨の後ろ~背骨の間をほぐし、可動域をUP。ゆるんだ背中に呼吸が入り、自然な腕振りで楽に走れるのを実感するはず。

HOW TO

両腕をクロスして肘を押し合うように引っ掛け、手のひら(難しい場合は手の甲)をつける。肘を持ち上げて5呼吸キープ。反対側も同様に。

ガルーダーサナ

POINT
肩はすくめずに均等に下げ、手の親指を顔から離すと肩甲骨の間を広げる効果大。

 

教えてくれたのは...伊藤ゆりさん

ヨガ講師として活躍しながら、ジョギングインストラクターの資格を活かして「ランヨガ」を指導。月間走行距離はときに200㎞超え&60㎞のウルトラマラソンへの参加経験も有り。

教わったのは...伊藤ニーナさん

2011年GINGERスターオーディションモデル分門にてグランプリを受賞。「GINGER」(幻冬舎)、「CLASSY.」(光文社)など様々な雑誌で活躍中。「TOKYO GIRLS COLLECTION」など大型ファッションイベントにも多数出演している。

Instagram⇒@ninaitoh

 

Model by Nina Ito
Hair&make-up by Kazumi Kikuchi (P-cott)
Text by Nobuko Okamoto

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

ガルーダーサナ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する