彼と一緒にヨガを楽しもう!嫌がる彼の「言いわけ」を払しょくするには?

Getty Images

彼と一緒にヨガを楽しもう!嫌がる彼の「言いわけ」を払しょくするには?

伊藤香奈
伊藤香奈
2018-06-21

夏に向けて、ヨガイベントが増えてきました。彼や気になる相手と一緒にヨガして2人の仲を深めたいと思っていても、簡単に「YES」とは言ってもらえないことが多いのでは? そんなあなたに、男性がヨガを断るときに言いがちな「言いわけ」をピックアップし、それに対する切り替えしワードをこっそりお教えしましょう!

「体が硬いから、ヨガなんてできないよ!」

男性に限らず、ヨガを体験したことがない人のほとんどは、ヨガ=柔軟性が必要!と思っているようですね。さらに、体が硬いからできない=はずかしい、という気持ちから、彼女に格好悪い姿を見せたくないという思いも見え隠れ。そんな時には、こんな言葉で彼の気持ちをくすぐるのはいかがでしょうか?「ヨガって、パワーが必要なポーズもあって、男性の方が意外にすぐできちゃうんだよ!」「私も、体硬いんだけど、一緒にやってくれたらあきらめずに頑張れそう!だから私のために一緒に行ってくれる?」「ヨガしている男性って、マッチョになりすぎず、しなやかな筋肉がつくから、カッコイイんだよね」特に、アームバランス系のポーズは、男性がはまりやすいかもしれません。「私はできないんだけど、あなたはできる?」などとチャレンジさせるように上手に誘導して、成功体験をさせちゃうのも、上級のお誘いテクですね!

「仕事で忙しいから無理!」

世界中の名だたるビジネスマンや有名企業が、ヨガや瞑想を取り入れていることを、彼は知らないのかもしれません。実名を出して、仕事ができる人がヨガをやっているのは、世界基準では当たり前だよ!と教えてあげるのはいかがでしょうか?

ヨガや瞑想を行っているといわれている有名人

・長友佑都(サッカー)

・ノバク・ジョコビッチ(テニス選手)

 

Novak Djokovicさん(@djokernole)がシェアした投稿 - 2015年12月月9日午前11時35分PST

・キース・ミッチェル(アメリカンフットボール)

ヨガや瞑想を取り入れている企業(部活動を含む)

・Google

・ライフネット生命

・大塚製薬

ストレスを軽減し、集中力をアップさせるヨガは、仕事の効率もアップさせるといわれています。「仕事を頑張ってほしいからこそ、ヨガをやろう!」といえば、彼も誘いに乗ってくれるかも?!

彼と一緒なら、ヨガライフはもっと楽しくなる!

ヨガという共通の趣味を持てば、ライフスタイルも似てきたり、一緒に過ごせる時間も増えるだけでなく、健康的な生活を送れるなどいいことづくめ。さらに老後も視野に入れて(!)無理なく長く続けられるというのも、ヨガの嬉しいポイントですよね。今年こそは彼をヨガに誘って、一緒にリフレッシュしませんか?

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する