ヨガティーチャーは生徒とデートしてもいいの?

YJ US

ヨガティーチャーは生徒とデートしてもいいの?

「ヨガティーチャーと恋に落ちるのは簡単なことです。調整するためにヨガティーチャーが触れると癒されて、大事にされていると感じるでしょう。背中に置かれた両手は愛のエネルギーを伝え、感動の涙を誘います。触れることには強い力があり、心のもろさを引き出します。やがてそれを切望するようになり、触れることが性的なものになるのです。ティーチャーはこうした内に秘めた感情を意識すべきです。ヨガティーチャーの中にはその立場上の有利な力関係を利用する人もいます。もちろん本当に相性が良いのなら、付き合うことを禁止する必要はないと思います」
シンディ・カプラン|ヨガの生徒、ライフコーチ、マサチューセッツ州ニュートン

「人は自分がよく過ごす場所で恋に落ちるもので、ヨガスタジオも例外ではありません。でも、ティーチャーは自分の目的をしっかりと考えるべきです。自分たちの役割がどのようなものであろうと、力関係の違いを悪用するなんて恥ずべき行為です。一方で本当に素晴らしい関係を避けてしまうのも残念です。妻とは私のスタジオの自主研究クラスで出会いました。私がティーチャーだったお陰で、実際にデートする前に付き合うことについてたくさん語り合うことができました」
トロイ・ルセロ|Acme Yoga Projectオーナー、シアトル

「生徒とティーチャーの間に恋愛感情が芽生えたら、付き合うと決心するまで他のティーチャーのクラスに生徒を任せるようお勧めします。真剣に付き合い始めたら、生徒は元のティーチャーのクラスに戻っても良いでしょう。こうした慎重な姿勢はスタジオ内でしっかりとけじめをつけ、すべての生徒が安心してプラクティスを追求できるようにするためのものです」

レベッカ・ベル|インターナショナルティーチャー、The Yoga Lab共同設立者、オレゴン州ベンド

  • 2
  • /
  • 2

Text by Ellen Boeder
Translated by Hiroe Humphreys

All photosこの記事の写真一覧

恋愛
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する