81歳を迎えた"元祖カリスマ主婦"マーサ・スチュワート、健康と美を維持する食事ルール

Getty Images

81歳を迎えた"元祖カリスマ主婦"マーサ・スチュワート、健康と美を維持する食事ルール

長坂陽子
長坂陽子
2022-08-11

ライフスタイルコーディネーターとして世界的に知られているマーサ・スチュワート。インスタグラムには新作レシピや自慢の庭の様子と共に彼女自身も登場、人気を集めている。実はマーサ、今月初めに81歳の誕生日を迎えた。元祖カリスマ主婦と言われることが多いけれど、なかなかの美魔女でもある。

レシピを考案したり番組を撮影する中で試食をすることも多いのに、太らないのはなぜ? と不思議がる声もフォロワーからは浮上している。その質問に答えてマーサが自身のホームページで日頃の食生活を明かしている。心がけているのは「普段の食事は野菜をメインにする」こと。レシピ開発でお肉料理やスイーツを食べる分、それ以外の食事で野菜を多めに摂取しているという。朝食の定番メニューはグリーンジュース。ほうれん草などの葉物野菜にりんご、パイナップル、パパイヤなどのフルーツを入れているそう。お気に入りは食物繊維が豊富なセロリをメインにきゅうり、パセリ、オレンジ、それに生姜を少し加えたもの。マーサ曰く「どんな野菜や果物でもいいけれど、栄養素をフルに摂取するためにできるだけ皮ごと入れること」。

また仕事のないときはサラダだけで過ごす日を作ることもあるそう。葉物野菜だけではすぐにお腹が空いてしまうのでお米、もしくは豆類をのせて食べ応えのあるものにするのがポイント。また油をとり過ぎてしまわないようにドレッシングも手作り。マーサの定番は米酢にディジョンマスタード、塩胡椒と砂糖、エクストラバージンオリーブオイルを加えたもの。これを密封できるボトルに入れてよく振れば出来上がり! ボトルのまま冷蔵庫に入れれば3日はもつそう。マスタードには代謝を促進する効果があるとも言われているので、脂肪が燃えやすい体を作るのにもぴったり。ディジョンマスタードを選ぶときには油や添加物などが使われていないものがおすすめ。

マーサ・スチュワート
今から25年前、当時56歳のマーサ・スチュワート。
photo by Getty Images

このサラダにツナやサーモンなどの魚をプラス、ディナーのメインディッシュにしていることもあるというマーサ。散歩や乗馬が大好きでエクササイズも欠かさないそう。元気に動ける80歳、90歳を目指すためにもぜひ参考にしてみたい。

出典:This Is the First Thing Martha Stewart Does Every Single Morning for Better Health

AUTHOR

長坂陽子

長坂陽子

ライター&翻訳者。ハリウッド女優、シンガーからロイヤルファミリー、アメリカ政治界注目の女性政治家まで世界のセレブの動向を追う。女性をエンパワメントしてくれるセレブが特に好き。著書に「Be yourself あなたのままでいられる80の言葉」(メディアソフト)など。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マーサ・スチュワート
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する