くびれに効く!側部の筋肉を鍛える2つのトレーニング

Getty Images

くびれに効く!側部の筋肉を鍛える2つのトレーニング

キュッと引き締まったウエストのくびれに必要なのは、側部の筋肉(内腹斜筋・前鋸筋など)。側部のコアを鍛えることで、上級者ポーズ「賢者のポーズ」上達にもつながりますよ!元プロスノーボーダーの河合呂美先生に側部のコアに効かせるワークを教えてもらいました。

側部の筋肉を鍛えるトレーニング

①内腹斜筋・前鋸筋を強化

横向きに寝て肩の下に肘をつく。お尻を持ち上げ、左手を天井へ。二の腕も同時に強化。頭からつま先まで一直線になるところで30秒キープ。左右行う。

あ
Photo by Shoko Matsuhashi

②内腹斜筋・腹横筋を鍛える

足を広げて立ち、片足のつま先は外、反対は正面に向ける。両腕を上にあげて上体を横に倒す。お腹に力を入れて20秒。これを左右2セット。

あ
Photo by Shoko Matsuhashi

POINT

おへそを真正面に向けて。お尻が後ろに突き出ないように。

「賢者のポーズ」もできるようになる!

側部のコアの強化で、つま先をつかんだ上級者ポーズも成功。「頭からつま先まで、一直線のラインにしてもツラくないです!」

あ
Photo by Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは...河合呂美先生

元プロスノーボーダー。トップアスリートへヨガ指導も行う。RealStoneアンバサダー。ヨガワークスインターン。ヨガフェスタ2017出場。

モデルを務めたのは...島袋聖南さん

人気番組「テラスハウス」出演後、モデルとして雑誌やショーなどに出演。IHTA認定ヨガインストラクター2級を取得。現在IHTA1級コースを受講中。

Photos by Shoko Matsuhashi
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya
Text by Chisato Egawa
yoga Journal日本版Vol.43掲

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する