夏までにくびれを作ろう!側部のコアを鍛える2つのねじりポーズ

Shoko Matsuhashi

夏までにくびれを作ろう!側部のコアを鍛える2つのねじりポーズ

くびれに必要な側部のコアは、バランスを取りながらツイストを行う「ねじった椅子のポーズ」で鍛えられます。腹筋の側面をななめに走る「内腹斜筋」、腕をより前に押し出すような動きや深呼吸時にも関わる「前鋸筋(ぜんきょきん)」が使えると、ポーズが深まりますよ。モデルの島袋聖南さんがトライしました。

ねじった椅子のポーズで側部のコアを鍛える!

内腹斜筋を強化するポーズ

左脚を曲げて右脚を後ろに伸ばし、右手を床について左手は耳の横に伸ばす。右の胸と左の膝を近づけ、深呼吸しながら20秒。左右行う。

あ
Photo by Shoko Matsuhashi

前鋸筋(ぜんきょきん)を鍛えるポーズ

肩甲骨のまわりや脇を意識しながら手を押し合う。内腹斜筋を使ってツイストを深め、深呼吸しながら20秒キープ。左右行う。

あ
Photo by Shoko Matsuhashi

POINT

胸の真ん中で合掌できるように、がんばってツイストを深めて!

教えてくれたのは...河合呂美先生

元プロスノーボーダー。トップアスリートへヨガ指導も行う。RealStoneアンバサダー。ヨガワークスインターン。ヨガフェスタ2017出場。

モデルを務めたのは...島袋聖南さん

人気番組「テラスハウス」出演後、モデルとして雑誌やショーなどに出演。IHTA認定ヨガインストラクター2級を取得。現在IHTA1級コースを受講中。

Photos by Shoko Matsuhashi
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya
Text by Chisato Egawa
yoga Journal日本版Vol.43掲

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

あ
あ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する