疲れは「脚の裏側」に溜まる!?脚全体の緊張をゆるめるヨガ前ストレッチ

Getty Images

疲れは「脚の裏側」に溜まる!?脚全体の緊張をゆるめるヨガ前ストレッチ

立ち仕事をする人はもちろん、プライベートでランなどスポーツをする人必見。疲れは脚の脚側に溜まりやすく、ふくらはぎの筋肉が硬くなってしまうこともしばしば。脚裏全体の緊張をとると下半身が安定し、ヨガのポーズもキマリやすくなります。脚裏全体の緊張をとるストレッチをご紹介!

温めながら脚裏をまんべんなくストレッチしよう

HOW TO

1.両膝を立てて、体育座りになり、膝を曲げたまま左脚を床に下ろす。右脚を前へ蹴り上げるように伸ばし、両手で足裏をつかむ。

三和由香利
photo by Kentaro Abe

POINT

ストレッチ中は骨盤を立てて。後傾しやすい人はお尻の下にタオルを敷くと立たせやすい。

これもOK

足裏をつかめない場合は、ふくらはぎなど手が届く場所を持って。

2.息を吐きながら、ゆっくり少しずつ右膝を伸ばしていく。脚裏が伸びていることを感じながら5呼吸。反対側も。

三和由香利
photo by Kentaro Abe

できる人は膝を伸ばしてみよう

下の脚の膝を伸ばして行う。つま先を立て、かかとを押し出すとより伸びる。反対側も。

三和由香利
photo by Kentaro Abe

教えてくれたのは…三和由香利先生

ヨガティーチャー。ヨガの世界大会「IYAC」で日本人初のワールドチャンピオンに輝く。ヨガ指導の他、CMでのポーズ指導やメディア出演など幅広く活躍中。産後、親子ヨガのクラスも開催。

Photos by Kentaro Abe
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Minako Noguchi
yoga Journal日本版Vol.46掲載

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

三和由香利
三和由香利
三和由香利
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する