【ガチガチな肩、軽くなる】肩甲骨からほぐす!たった1分の開閉ストレッチ

Getty Images

【ガチガチな肩、軽くなる】肩甲骨からほぐす!たった1分の開閉ストレッチ

伊藤香奈
伊藤香奈
2022-03-11

肩こりがつらい、肩が重たいというとき、筋肉を伸ばす動きばかり行っていませんか?ガチガチに固まった筋肉を急にグイグイ伸ばすのは筋肉に負担がかかることも。まずは肩甲骨周りを軽く動かして、筋肉をほぐしていきましょう!

肩こりの放置は全身疲労の原因に?

肩こりは、筋肉の緊張が続くことにより起こる不調と言われています。筋肉の疲労や衰え、柔軟性を失うことにより、血行が悪くなることなどが主な原因と考えられています。例えば、仕事中に同じ姿勢で長時間いることももちろんですが、スポーツやヨガなど、身体を動かした後の疲労も、肩こりの原因になります。また、筋肉が緊張している状態とは、自律神経の中でもアクセルの役目をする交感神経が活発になっている状態ともいえます。そのため、肩こりを放置すると、疲れが取れない、寝つきが悪くなる、といった全身の疲労にもつながりかねません。

肩こりは動かしてほぐす!

ガチガチに固く結んだロープがあるとして、これを解くイメージをしてみてください。結び目が硬すぎてつまめない時、両サイドからロープを押してほぐそうと試みたことはありませんか?肩こりも同じく、ガチガチの筋肉を引っ張ってもほぐしにくいのです。なぜなら筋肉がガチガチに固まって柔軟性を失っているから。ではどうするのが良いかというと、動かして筋肉を縮めること。筋肉を動かして父メルと、伸びるという動きもしやすくなります。ガチガチの肩こりは、伸ばそうとするのではなく動かす!これを意識してエクササイズを行ってみましょう!

やり方:

1.肘を90度に曲げて、わきを閉める

2.手の平を上に向けたまま、手を横に開く・閉じるを繰り返す

開閉ストレッチ
1.肘を90度に曲げて、わきを閉める
開閉ストレッチ
2.手の平を上に向けたまま、手を横に開く・閉じるを繰り返す

20~30回、きっちりやろうとぜずにリズミカルに軽く動かしていきましょう!

3.手の平を横に開いたまま、肘を体側から離すー体側に寄せるを繰り返す

20~30回、肘同士を背中側でくっつけるようなイメージで行いましょう。

肩甲骨周りの筋肉をリズミカルに動かすことで、肩回りの筋肉がほぐれたり血流が促されることが期待できます。仕事中やちょっとした休憩時間にこまめに取り入れてみてくださいね。肩こりだけでなく、全身の不調にアプローチできる簡単なエクササイを知りたい!という方は、 股関節ヨガチャンネルもチェックしてみて。

AUTHOR

伊藤香奈

伊藤香奈

股関節ヨガインストラクター。会社員歴20年の長年の座り仕事&長時間通勤で、股関節と腰の痛みに悩まされる。解剖学とヨガ・ストレッチ・筋膜リリース・骨格調整などを学び自らの痛みを克服した経験をもとに、オリジナルメソッド「股関節ヨガ」を考案。「立つ・歩く・家事をする・仕事をする」といった日常の動きが楽になるほか、股関節が整うことで、美脚・美尻・むくみ解消・ボディメイクの効果や便秘解消といった女性に嬉しい効果もあると人気が広まっている。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

開閉ストレッチ
開閉ストレッチ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する