前屈で床に手がつく!?お尻やもも裏深部の筋肉をゆるめるアクロヨガ的ストレッチ

PIXTA

前屈で床に手がつく!?お尻やもも裏深部の筋肉をゆるめるアクロヨガ的ストレッチ

アクロヨガは、ヨガとタイマッサージを融合して生まれたもの。重力や自分の体重を活かして、無理なく筋肉をほぐす手法が取り入れられています。今回は、お尻にフォーカス。ここをほぐすと前屈のポーズが深まります。また、立位でのポーズバランスも安定!

ストレッチでお尻をほぐし、ももをゆるめよう

お尻の筋肉をかかとでダイレクトに刺激してほぐすので、デスクワークの人や坐骨神経痛のある人にも最適のストレッチ。ハムストリングの深部までしっかりほぐれます。

HOW TO

1.長座の姿勢になる。片足を軽く折り曲げ、反対側の坐骨に当たるようにかかとを敷く。

アクロヨガ
Photo by Shoko Matsuhashi

2.お尻を後ろにずらし、坐骨の真下にかかとがくるように座る。前膝を緩め、もも裏が突っ張らないように。

アクロヨガ
Photo by Shoko Matsuhashi

POINT

かかとの位置は前後させてOK。いちばんこりを感じるところを探して。

3.かかとで坐骨まわりをほぐしながら、両手を太ももに当てて揺する。体の重心を少しずつずらし、いろいろな角度から刺激を与えて。反対側も。

アクロヨガ
Photo by Shoko Matsuhashi

教えてくれたのは...西浦莉紗先生

アクロヨガジャパン代表。2009年からヨガを指導するなかでアクロヨガに出会う。現在、ボディコミュニケーションの少ない日本にこそアクロヨガを広めたいと精力的に活動中。

Photos by Shoko Matsuhashi
Hair&make-up by Mayumi Tsuchiya(FIX-UP)
Text by Hiroko Suzuki

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

アクロヨガ
アクロヨガ
アクロヨガ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する