「ラクしてお腹ヤセしたい」を叶える【座ったまま】たった1動作トレーニング

canva

「ラクしてお腹ヤセしたい」を叶える【座ったまま】たった1動作トレーニング

ダイエットはしたい!でもうつ伏せ、仰向けになったりするのはもう面倒くさい。そんなあなたに究極の楽ヤセトレーニングをご紹介!

お腹を引き締めたい、けれど…

ぽっこりしたお腹が気になる、腹筋を鍛えたいという気持ちはあるけれど、いざ鍛えようとすると準備が面倒…これってやる気が半減する原因になっていませんか?特にお子さんがいるご家庭だと、おもちゃが散らばっていて片付けから始めないといけないし、「今この瞬間始められるトレーニングを知りたい」そんな方も多いのでは。せっかくのやる気、なくしてしまうのはもったいない!今回はソファに座ったままの状態で完結する、お腹ヤセトレーニングをご紹介します。

あなたのお腹はどのタイプ?

「ぽっこりお腹」と一括りしていますが、実は原因は様々。脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があり、特に女性は皮下脂肪、男性は内臓脂肪がつきやすいと言われています。つかめるお肉が多い場合は皮下脂肪が多い可能性が高いです。この場合、食事制限だけ行っていてもなかなか痩せない結果に。一方、内臓脂肪が多い場合は食事制限が効果的と言えます。これだけでなく、日ごろの姿勢によって内臓が下がってしまった結果、お腹がぽっこりしたり、腸内環境が乱れて便秘が続いているなんてことも考えられるでしょう。産後ママはどれも当てはまりやすい状況にあると言えます。食事は早食いが多く、ついつい甘いものに手が伸びる。姿勢を気にする余裕もなく子育てに奮闘している。でも、せっかくなら出産前にお気に入りだったあのパンツをスッと履きたい!だったら今日からちょっとずつトレーニングをやってみましょう。

背筋が伸ばせる状態であればどこでもOK

ソファに座った状態でご紹介しますが、背筋が伸ばせて危なくない状態であればどこでやっても大丈夫です。脚を上げ下げするので、お子さんにぶつからないようにだけ注意してやってみてくださいね。

やり方

1.両脚揃えて浅めに座ります。背もたれに寄りかからず背筋を伸ばしましょう。

2.吸う息で両ひざを上げます。吐く息で元に戻します。どの動きの中でも上半身はぶれずに。椅子で行うときは、上半身が少し斜めになるかと思いますが、背筋さえ伸びていればOKです。

3.おへその下ら辺に刺激がくれば効いている証拠です。最初は10回から始めてみて、だんだんと回数を増やせそうであればチャレンジしてみましょう。

1日1回と回数を決めず、できるときにやるほうが効果的です。

まずは毎日の習慣にすることを意識してみて

どんなトレーニングでも一回でいきなり効果が出るものはありません。毎日コツコツ積み重ねることで体に変化が出てきます。今日10回出来たら、明日も10回やってみる、朝やったからお風呂上りにも挑戦といった具合に習慣化することを最優先してみましょう。そうするときっとどんどん体が変わっていき、トレーニングって楽しい!食生活も少し意識してみたいかもなんて思考が変化するでしょう。

AUTHOR

NATSUMI KOGA

古賀奈津美

商社のサラリーマンをしていた頃に運動不足解消のために始めたヨガと出会う。ヨガを始めて半年後にRYT200を取得。週末のみ活動するインストラクターから、フリーランスのヨガインストラクターへと転身。常温ヨガ、ホットヨガ、溶岩ヨガなど様々なスタジオで指導。パークヨガやビーチヨガのイベントも実施。現在はオンラインヨガ・児童館にてママ向けヨガを実施中。RYT200取得/ヨガ解剖学基礎講座修了

RELATED関連記事