3つの愛を知ろう!愛情に身を任せるヨガプラクティスとは?

PIXTA

3つの愛を知ろう!愛情に身を任せるヨガプラクティスとは?

Laura Riley
Laura Riley
2018-04-15

ヨガティーチャーのローラ・ライリーは、6つに分かれた一連のクリヤヨガの中で、すべてを感じるための愛情に身を任せるシンプルなプラクティスがおすすめだという。

私が15歳くらいのとき、母がディーパック・チョプラの本を読んで、愛とは身を任せることがすべて、もしくはそのようなものだと話してくれた。私の中で危険信号がつき、警報が突然鳴った。私はすぐにこの理論を完全に拒否して、こんなことを少し考えた。誰かに身を任せたら、相手もそうしてくれるなんてどうして分かるの?もし相手もそうしてくれない場合、心を開いたら利用されてしまうような危うい立場になるのでは?遠慮するわ。身を任せるなんて。

身を任せると悪いことが起きそうな気がした。人生の流れに対して、文字通り抵抗するのをやめてコントロールできなくなるのが怖かったし、今でも時々そう感じる。でもこのコントロール不能な状態は受け入れるかどうかには関係なく存在している。身を任せることは、コントロールとは相反するが、人生の中で行動を起こし、主体性を持つことはそうではない。私たちは心の準備が整って安心して身を任せることができる、と感じられるように行動して判断することができるし、そうすべきだ。そうすることができるなら、私たちは身を任せるべきだ。

イシュワラプラニダーナで身を任せるプラクティスをする

イシュワラプラニダーナは、クリヤヨガの最後の構成要素だ(その他の構成要素はスワディヤーヤもしくは自習、そしてタパスもしくは努力)。これは神に身をゆだねると解釈できるが、最高の自分に身をゆだねて、それを体現することだともいわれている。私たちの多くにとって、それは愛を意味している。

愛は他のすべての人を感じられるようにするものだ。その本質を超えて、愛は言葉であり、大胆な行動だ。ありがたいことに、身をゆだねればゆだねるほどに、私たちは愛を与えると同時に受け入れられるようになる。そうすれば滞ることなく、内面的に活動的な人生を送りやすくなる。

愛には主に3つの種類がある。自己への愛、他者への愛、そして分かち合う結びつきへの愛だ。私は、他の誰かを愛することができるようになる前に、自分自身を完全に愛すべきだとは思っていない。愛の形に必要事項や前提条件なんてないし、誰かを優先する必要はない。愛を選ぶ方法もイシュワラプラニダーナのプラクティスも一つではない。愛の種類であなたの人生にあまり当てはまらないものがあったら、そこから始めてプラクティスを集中的に行おう。それぞれのタイプに対するおすすめのプラクティスをここに紹介する。あなたの人生をより豊かにするために必要なものを自由に選ぼう。

Translated by Hiroe Humphreys

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する