毎日の"梅干しひと粒"で、冬の疲れ知らず|せきねめぐみの、肩の力を抜くごはん

Megumi Sekine

毎日の"梅干しひと粒"で、冬の疲れ知らず|せきねめぐみの、肩の力を抜くごはん

関根愛 
関根愛
2021-11-20

SNSで見かける、彩り豊かな食事の写真。見るからに栄養がありそうで、こんな食生活を送ってみたいと思う人は多いでしょう。でも「そんなに頑張れない…」という人も少なくないはずです。時間もない、料理が得意じゃない、不器用なあなたに伝えたい「頑張らないごはん」。意識すべきポイントは、とってもシンプルです。今日からできる「簡単な食養生」、教えてくれるのはマクロビオティックマイスターの関根愛さんです。

みなさん、おはようございます。立冬を迎え十一月も後半にさしかかってきました。先日は木枯しだったのでしょうか、良いお天気で台風なわけでもないのに、つよい風が三日ほど吹き荒れました。季節の移ろいなのかなあとぼんやり。また色づいた枯れ葉がしだいに落ちていき、地面にたまったところを見つけて踏んで歩く。そんな小さな楽しみに感謝しながら…私たちの祖先は季節が恵む旬のものを食べ、季節を歌に詠み、季節に沿った緩急のある暮らし方を営んできました。季節と共にある命の感覚、忘れたくないですね。秋が秋らしさを失わないよう、冬が冬らしさを失わないよう…地球や環境のためにそれぞれがそれぞれの場所でできることを小さく積み重ねながら祈るばかりです。

夏から秋、秋から冬へと移ろいの時期には体調を崩しがちになります。前の季節の不調や疲れを引きずったまま次の季節へ移行していくと、その症状はなかなか治りにくいともいいます。なにかおかしいなあ…という部分があれば早めにケアをしていくことが大切です。

AUTHOR

関根愛 

関根愛

俳優を始めた十数年前よりアトピーなどさまざまな心身の不調を感じてきたことで、薬に頼るのをやめて自分の体の声を聴きながら養生していくために自然食を始める。「じぶんらしく生きるための食養生」をテーマにInstagramやnote、Youtubeで日々発信をつづける。マクロビオティックマイスター。映画制作者、ライター、翻訳者としても活動。座右の銘は「山動く」。

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する