老廃物もネガティブ感情も出しきる!身も心も軽くなるデトックスポーズって?

Getty Images

老廃物もネガティブ感情も出しきる!身も心も軽くなるデトックスポーズって?

むくみの原因になる余分な水分や老廃物、腸にたまった便をはじめ、ネガティブな感情まで。デトックスを助けてくれる、いいことづくめのヨガポーズとは?

老廃物を出しやすくするねじりのポーズ

体をねじるポーズは、内臓機能を調整し、体に溜まった老廃物やネガティブな感情の排出を促してくれる。また、腸が刺激されて、便秘の解消にも効果的。ねじりのポーズを行うときは、背骨をまっすぐに伸ばしてからねじること。雑巾を絞るとき、シワが寄らないようにしてから絞ると、効率よく絞ることができるように、背骨をまっすぐに保つことで、体の奥からねじることができ、よりデトックスがしやすくなる。ポーズ中は、吸う息で背骨を長く伸ばし、吐く息でねじりを深めよう。呼吸とともに、老廃物やネガティブな感情など、手放したいものを吐き出すことを意識して。

おすすめは脚を伸ばしたアルダマッチェンドラーサ

ねじりのポーズ
(Illustration by NANA SUZUKI)

HOW TO

1.長座の姿勢(ダンダーサナ)になり、右足を左の太腿の外側に置く。
2. 吸う息で背骨を伸ばし、吐く息でおへその下辺りから体を右側へねじる。
3. 右手をお尻の後ろのほうへ置く。左の肘を右の膝の外側に引っ掛けるようにし、肘と膝で押し合うようにする。
4.ゆったりと5呼吸し、反対側も同様に行う。

yoga Journal日本版Vol.34掲載

All photosこの記事の写真一覧

ねじりのポーズ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する