食物繊維&カリウムたっぷり!メキシカンブレックファストのレシピ

JENNIFER OLSON

食物繊維&カリウムたっぷり!メキシカンブレックファストのレシピ

シリアルにヨーグルト、スムージーetc.ヘルシーすぎる低カロリーな朝食はもう飽きた!?そんな人におすすめの、ボリューミーな朝食レシピをご紹介。麺のように見えるのは、じつはポテト! ベジヌードルスライサーがあれば便利ですが、なければ普通のスライサーを使ったり、包丁で細く切っても。

ポテトに含まれる食物繊維と筋肉を支えるカリウムのほか、アボカドから心臓病に効果がある脂質をたっぷりとれる、間違いなく満足のいく朝食。

メキシカンブレックファスト—ブリトー・ボウルとレッドポテトのスライス

材料(4人分)

  • ローマトマト(小さい角切りにする)………………1個
  • 赤玉ねぎ(小さい角切りにする)…………………小1個
  • コリアンダー(生、食べやすく刻む)…………大さじ2
  • ライムの絞り汁………………………………………1個分
  • アボカド(角切りにする)……………………………1個
  • ハラペーニョ(種を取って小さな角切りにする)…………………1個
  • レッドポテト(皮をむく)…………………………中4個
  • チリパウダー……………………………………小さじ1/2
  • エクストラバージンオリーブオイル……………大さじ1
  • 缶詰のブラックビーンズ(水を切る)…………1カップ
  • オリーブオイルスプレー
  • オーガニックの卵……………………………………大4個
  • 塩、ブラックペッパー  ………………………………適宜

つくり方

  1. トマト、玉ねぎ、コリアンダー、ライムの絞り汁をボウルの中で混ぜ合わせて、サルサ(ピーコ・デ・ガヨ)を作る。
  2. 別のボウルで、アボカドとハラペーニョを混ぜる。アボカドの塊を少し残しておく。塩とブラックペッパーで味つけする。
  3. スパゲッティタイプのヌードルを作る刃を使って、ベジヌードルスライサーでポテトをスライスする。ヌードルを半分の長さに切って、チリパウダー、塩、ブラックペッパーで味つけする。大きいフライパンを中火〜強火にかけ、オリーブオイルを十分に熱する。ポテトヌードルを加えて、柔らかくなるまで十分に炒める(約7分)。ヌードル、ブラックビーンズ、サルサ、アボカドを4人分の皿(または小鉢)に取り分ける。
  4. 同じフライパンにオリーブオイルをスプレーする。そこに卵を割り入れて加熱し、白身と黄身が固まりきらないうちに火から下ろす(3~5分)。ポテトヌードルの上にこの目玉焼きをのせる。

栄養成分(1人分):401㎉ 脂質16g(飽和脂肪3g)、 炭水化物52g、食物繊維11g、タンパク質 14g、ナトリウム202㎎

ライター
ミーガン・ラビット。『ヨガジャーナル』のシニア・エディターを務めている。

story by Meghan Rabbitt
Recipes by Ali Maffucci
Photos by Jennifer Olson
Food styling by Beth Hawkins
Prop styling by Erica Mcneish
Translated by Setsuko Mori
yoga Journal日本版Vol.48掲載

RELATED関連記事

facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する