チーズを使わないのに味はそっくり?!罪悪感のない【Rawチーズケーキ】

チーズを使わないのに味はそっくり?!罪悪感のない【Rawチーズケーキ】

鮫島養子
鮫島養子
2020-12-12

甘いものは食べたいけど、カロリーや添加物などの摂取に罪悪感を感じてしまうことはありませんか?この連載では、【小麦・砂糖・乳製品・卵】不使用ロースイーツと焼き菓子をコラボさせ混ぜるだけの簡単&美味しいヘルシースイーツを紹介していきます。お菓子作りに慣れていない人にもチャレンジしやすいレシピなので、おうち時間が増えている今こそチャレンジしてみて。「心と体が喜ぶスイーツ」で、日々を楽しく元気に過ごしましょう!

Rawフードの定義とは?

Rawとは生という意味で、食材の加工や調理の過程で48度以上に加熱すると、食材に含まれる栄養や酵素が壊されてしまうため、それ以下の温度状態で作っていく調理方法としてそう呼ばれています。砂糖や脂肪分のある乳製品を使わないのでダイエットにも最適です。

火を通さないことで栄養分を壊しませんので、食材の持つ様々な効果を最大限に引き出せるのもRaw foodの良い所です。今回は、レモンのような甘酸っぱい酸味と甘さが美味しいチーズケーキを、チーズを使わなくてもできるRawレシピとしてご紹介したいと思います。

レモンには、冬にうれしい効能がたくさん

材料に使用するレモンですが、レモン汁には柑橘類の中でも特に多い含有量のビタミンCが100ml中に50mgも含まれています。ビタミンCには、有害な活性酸素の除去、美肌効果、血管の強化、ストレスの緩和、ホルモンの分泌促進など、多くの重要な働きを持つ効果があります。レモンといえば一見夏をイメージしてしまいますが、クエン酸による疲労回復効果や免疫力の増強効果に優れていて、寒さで体力の低下しやすい冬場の風邪対策に最適な柑橘類なのです。

レモン
レモン/photoAC

レモンのビタミンCによる美肌に嬉しい成分がありますが、このチーズケーキレシピにあるアーモンドやココナッツもまた美肌効果に優れた食材の組み合わせになります。また、ココナッツは肩こりや冷え性など身体の冷えを緩和してくれますので、寒い時期の体力維持に役立ちます。

今回のレシピは、クリスマスケーキにもぴったりな、チーズケーキを再現した冷やし固めるだけの簡単ケーキを紹介。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

チーズケーキ
レモン
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する