12月2日から12月14日までの過ごし方|ハッピーを呼び込むマヤ暦

MAI TSURUMOTO

12月2日から12月14日までの過ごし方|ハッピーを呼び込むマヤ暦

湯浅香子
湯浅香子
2020-12-02

マヤ暦から導き出したハッピーに過ごすためのヒント。マヤ暦では、その日その日のエネルギーは13日ごとに区切られていると考えられています。「どんなことに意識すれば楽しく過ごせるの?」「おすすめのヨガポーズは?」13日ごとにお届けします!

12月2日から12月14日までは黄色い星の13日間

昨日までの「青い鷲の13日間」はいかがでしたか?
物事を俯瞰して見ることはできましたか?

12月2日から12月14日までは「黄色い星の13日間」です。

マヤ暦
Illustration by MAI TSURUMOTO

黄色い星には、姿形を美しくする・均整美と調和・総仕上げ・ 芸術・気品 などのキーワードがあります。260日周期で回っているマヤ暦のツォルキン表ですが、この「黄色い星の13日間」が今回のターム最後の13日間となります!12月15日からは新しいツォルキンがスタートしますので「総仕上げの13日間」ということを意識して過ごしていきましょう。

総仕上げの13日間には、黄色い星のキーワードにもあるように自分を美しく磨くこと、内面も磨くこと、そして生活環境は整理整頓&断捨離をしてスッキリとさせておくことが大切です!携帯電話の中に入っている要らない電話番号の削除もおすすめいたします。そうすることで質の良い出会いが舞い込みます。

金銭面でも無駄な支出を削ぎ落とせるといいですね。家計を見直すことを面倒くさいと後回しにしていると、後々もっと面倒なことになります。

スッキリとシンプルに暮らしを整えて、新しい260日間のスタートが気持ちよく切れるように最大限のやれることをやってみましょうね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

マヤ暦
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する