今すぐ見直すべき!脂肪を蓄積させる生活習慣4つ

Adobe Stock

今すぐ見直すべき!脂肪を蓄積させる生活習慣4つ

君嶋瑠里
君嶋瑠里
2020-11-20

ダイエットのためにジムに通い始めたり、ランニングを始めてみたりなど、運動習慣を作った人は多いと思います。しかしながらなかなか効果が現れなくて結局続かなかったという経験はありませんか?ダイエットがうまくいかない原因は、運動以外の日頃の習慣にあるかもしれません。また自分の体が今どんな状態であるのかをきちんと知ることが大切です。今回は、脂肪がなかなか取れない理由と改善策について紹介します。

まずは自分の体型を客観視してみよう

1.鏡で自分の体型を確認してみよう

体型を目で確認することで自分が今どんな状態であるのかを知ることができ、ダイエットへの意識も高められます。意識が持てるか持てないかだけでモチベーションや効果が大きく変わっていきます。お風呂上がりなどでぜひ自分の裸での体型を鏡で確認する癖をつけてみましょう。自分自身を客観的に見つめる一番簡単な方法です。

2.体脂肪率を測って数値を確認してみよう

機器によって多少の誤差はあるものの、おおよその指標を知るためにはやはり体脂肪計は役に立ちます。一般的に、男性は20パーセントくらいからが肥満、女性は28パーセントくらいからが肥満とされており、それ以下であるなら標準値です。

3.1日で食べた物のカロリーを計算してみよう

日ごろ口にするものはどんなものがあって、どの位のカロリーを摂取しているのかをチェックしてみましょう。1日に必要な推定エネルギー必要量を算出し、それ以上になってしまったら肥満になりやすいです。基礎代謝量×身体活動レベルで算出できます。身体活動レベルは普段どのくらいの運動量があるのかによって変わります。(参照:日本医師会ホームページより)

ダイエットの失敗の多くは、何となくで運動や食事制限してしまうことに原因があります。特に食事制限による栄養の偏りは必要な栄養素を必要な分摂取できず健康被害を招く要因にもつながります。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

今すぐ見直すべき!脂肪を蓄積させる生活習慣4つ
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する