「何回言ったらわかるの?」は"質問"になっていない!?質問力を上げる3つのポイント

Adobe Stock

「何回言ったらわかるの?」は"質問"になっていない!?質問力を上げる3つのポイント

質問したものの、自分の知りたい答えが返ってこなかった…。そんな経験はありませんか?それはもしかしたら”ノーアンサー・クエスチョン”になっているのかもしれません。

人と人を繋ぐコミュニケーション方法のひとつに「質問」があります。相手のことを知ることができる、とても便利な方法です。人は質問をされると、頭の中で思考を巡らせて答えを探し始めます。けれど、なぜかいつも的外れな回答が返ってきたり、相手が答えにくそうにしていたり…。それはもしかしたら、あなたの質問が"ノーアンサー・クエスチョン"になっているのかもしれません。

"ノーアンサー・クエスチョン"とは

質問とは、相手に何かしらの答えを求めて行うコミュニケーション。けれど質問をしているようで、ただ相手を追い詰めてしまっていることがあります。

例えば「何回言ったらわかるの?」「なんでこんなことも出来ないの?」…なんていう質問をしたことはないでしょうか。これは一見相手に質問をしているようで、実は自分の感情を相手にぶつけているだけ。だから質問された相手は答えようがなくて、「そんなことを言われても…」と言葉に詰まってしまうでしょう。相手を感情的に責めても、何の解決にもなりません。

RELATED関連記事

All photosこの記事の写真一覧

「何回言ったらわかるの?」は"質問"になっていない!?質問力を上げる3つのポイント
facebook

Yoga Journal Onlineをフォロー

Facebookページでいいね!する